文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ここから本文です。

更新日:2016年6月15日

センターの概要

平成15年4月、県の機構改革により、薬事指導所が廃止されました。
廃止された薬事指導所の建物の名称を「薬業技術振興センター」に改め、現在、薬務感染症対策課薬業振興係の職員が駐在しています。
業務内容は、医薬品等の製造販売承認、GMP/QMS適合性調査、試験検査、製薬技術の向上支援を行っています。
    PIC/Sに対応したGMP調査当局、公的認定試験検査機関でもあります。

沿

昭和10年11月 県立の売薬試験所設立(大津市)
昭和21年        売薬試験所廃止
昭和29年       滋賀県薬業協同組合が滋賀県薬業会館内(甲賀市甲賀町大原市場43番地)に滋賀県薬事研究所を設立
昭和34年 4月 薬事研究所が県立に移管され、滋賀県薬事指導所が設立
昭和45年 4月 現在地(甲賀市甲賀町大原市場200番地2)に新築移転
平成15年 4月 薬事指導所が廃止され、建物の名称を「薬業技術振興センター」に改称し、同所に医務薬務課薬業振興担当が駐在
    平成20年 4月 薬務室設置
平成26年 4月 組織改編により、薬務感染症対策課設置。薬業振興担当が駐在                                            平成27年 4月 組織改編により、薬務感染症対策課薬業振興係が駐在

soshikizu  

  • 敷地面積 2,607.45平方メートル
  • 建物 鉄筋コンクリート造り2階建
  • 延べ面積 762.27平方メートル


センター平面図

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

業務内容

試験検査

行政検査

医薬品医療機器等法に基づき県内で製造、販売されている医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器などの収去検査、また、苦情処理のための検査を行っています。

依頼検査

製薬企業等からの医薬品、化粧品などの依頼検査を受けています。

製薬技術の向上に関する業務

技術ソフトの提供

医薬品製造販売承認書における規格及び試験法の開発・改良、内服液剤の菌数限度試験、後発医薬品の品質確保などの試験検査、調査研究を行っています。

レンタルラボの設置

製薬企業単独で整備が困難なTOC計(全有機体炭素計)、光安定性試験装置、位相差顕微鏡装置などの試験検査機器、バイオハザードルーム・クリーンルームを整備した微生物試験室のオープン利用を図っています。

インキュベーション(人材育成)事業

製薬技術者の資質、技術向上を図るための講演会、研修会を開催しています。
また、特に高度専門的分野の技術相談については、専門家を招へいし、相談に応じています。

レンタルオフィス機能

医薬品等に係る文献、専門図書を整備し、閲覧、貸し出しを行っています。
また、滋賀県の製薬企業の技術者で組織する「滋賀製薬技術者会」の活動を支援しています。

医薬品製造販売承認、製造許可等事務

医薬品医療機器等法に基づく医薬品、医療機器製造業許可申請書等の厚生労働大臣への進達、県が行うこととされている医薬品等の製造販売承認、製造許可等の事務処理を行っています。

  


 

[ トップページへ ]