文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ここから本文です。

更新日:2016年9月7日

精密検査

と畜検査の現場において、肉眼や触診検査のみで診断のつかない疾病があった場合、検体を試験室に持ち帰って以下のような精密検査を実施します。

疾病診断だけではなく、安全な食肉を提供するための衛生指導の一環としても様々な検査を実施します。

微生物学的検査

主として、細菌学的な検索を実施します。

  • 敗血症や膿毒症の診断および原因菌の特定
  • 枝肉や施設、器具機材のふき取り検査の実施
  • 食肉中の微生物汚染に関する調査研究(と畜場内の食肉に限る)

理化学的検査

主として、理化学物質についての検査を実施します。

  • 高度の黄疸、尿毒症の診断に関する検査
  • 食肉中の動物用医薬品に係る収去検査および食肉中の残留農薬等に係るモニタリング検査(と畜場内の食肉に限る)

病理学的検査

主として、病理組織学的な検査を実施します。

  • 白血病、全身性の腫瘍の診断に関する検査
  • その他、細菌学的検査および理化学的検査の補助診断としての検査

精密検査結果概要

精密検査の結果、廃棄された獣畜の疾病内訳は以下のとおりでした。

  平成20年度 平成21年度 平成22年度 成23年度 平成24年度 平成25年度 平成26年度 平成27年度
牛白血病 3 3 4 5 3 3 11 9
膿毒症 0 0 3 1 3 0 0 2
敗血症 4 1 2 1 4 4 3 1
尿毒症 5 9 8 1 8 6 0 1
高度の黄疸 0 1 2 0 1 1 3 1
高度の水腫 0 0 2 0 0 0 0 0

全身性

出血性炎症

0 0 0 0 0 0 0 1
合計 12 14 21 8 19 14 17 15

  

  平成20年度 平成21年度 平成22年度 平成23年度 平成24年度 平成25年度 平成26年度 平成27年度
豚丹毒 0 0 0 0 1 0 0 0
白血病 0 0 1 1 0 0 0 0
膿毒症 9 12 8 9 9 8 5 3
敗血症 1 2 0 5 3 2 0 0
全身性腫瘍 0 1 1 0 0 0 0 0
合計 10 15 10 15 13 10 5 3