文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > くらし・文化 > 食生活 > 衛生管理制度 > 地域特産食品を製造(加工)・販売される皆様へ

ここから本文です。

更新日:2016年7月19日

戻る

地域特産食品を製造(加工)・販売される皆様へ

  道の駅や産地直売館などで、地域の食材を使った食品を販売されることが多くなってきました。このような食品を業として、製造・販売するには、保健所から食品営業の許可を受けるかあるいは業務開始報告書を提出することが必要です。
  また、製造・販売する者には、消費者に対して衛生的で安全な食品を提供する責務があります。さらに、食品には法律で定められた表示を行わなければなりません。
  安心して、地域の食品を提供していくために、ルールを守り衛生面においても胸を張れる商品作り・提供に努めましょう。

happybasket


許可や届出が必要な例

区分

取り扱う具体的な食品の例

食品営業許可が必要な場合

みそ、そうざい(煮豆、佃煮等)、クッキー、かりんとう、ちまき、おかき、あられ、せんべい、パン、ようかん、大福餅、おはぎ、おこわ、かやくご飯、弁当、アイスクリーム、ういろう、団子、ソフトクリームなどの製造
食品の販売(牛乳、食肉、魚介類)

業務開始報告書の提出が必要な場合

ジャム、こんにゃく、漬物、お茶、白もち、焼き芋、焼き栗、かきもち(焼いたり、揚げたりしていないもの)、鮒寿し、干し柿、カット野菜などの製造
食品の販売(牛乳、食肉、魚介類以外の食品)

 

食品を製造するには・・・〜専用の製造する施設を用意してください〜

製造所のチェックポイント

  • 住居等と区分していますか?(家庭の台所との兼用はできません)

  • 清潔な場所ですか?

  • 食品取扱量に応じた広さですか?

  • ねずみ、昆虫の侵入を防止する設備を設けていますか?
    (窓には網戸、排水溝には金網等が必要)

  • 作業場と便所に専用の手洗い設備がありますか?
    (流水式で消毒薬を備えること)
  • ゴミ容器はふた付で清掃しやすく汚液や臭いが漏れませんか?

  • 器具等はそれぞれの区分に従って使用し、洗浄消毒をしていますか?
  • 冷蔵庫、冷凍庫に温度計がありますか?
  • 飲用に適した水が十分に使用できますか?

  • 食器、器具類を洗浄する専用の設備がありますか?

  • 壁 床面から1.2mの高さまで耐水性材料で作られていますか?

施設 

 

衛生管理のチェックポイント

エプロン

外衣(エプロンなど)は清潔なものを着用していますか?

  • 不要なものやゴミの処理など整理整頓はできていますか?
  • 製造、加工、保管、販売時には、温度と時間に十分注意していますか? 
  • 製造時と包装時に異物混入のチェックはできていますか?
  • 賞味(消費)期限は科学的な根拠に基づいて設定していますか?
  • 定期的に検便を実施していますか?(赤痢菌、サルモネラ、腸管出血性大腸菌)
  • 製品の自主検査を実施していますか?
    (保健所や食品衛生協会に相談してください)
  • 下痢、発熱などの症状はありませんか?

手洗い

作業前、作業中に適宜手洗いができていますか?(薬用石けんなど消毒薬を用いて)

包装された食品には表示が必要です!

 

 食品表示は、食品の安全性を確保し、消費者が商品を選択する上で重要です。食品表示法に定められた食品表示基準に基づき適切に表示しましょう。

 食品表示に関するお問い合わせは、表示の内容に異なりますのでそれぞれの窓口へお問い合わせください。

 

対象とする表示

問い合わせ先

・名称・遺伝子組換え

最寄りの保健所 生活衛生担当(健康衛生担当)

県庁 食のブランド推進課(食品表示110番)※

・アレルゲン・保存方法・消費期限または賞味期限

・添加物・製造所等

最寄りの保健所 生活衛生担当(健康衛生担当)

・栄養成分

最寄りの保健所 健康づくり担当(健康衛生担当)

・原材料名・内容量・食品関連事業者・原料原産地

県庁 食のブランド推進課(食品表示110番)※

 

 

 

 

 

 

 

 

※酒類を除く

 表示例

名称 調味梅干 ←何を
原材料名 梅、しそ、かつおぶし、漬け原材料〔食塩、アミノ酸液、しょうゆ(大豆・小麦を含む)〕/調味料(アミノ酸等)、酸味料、ソルビット、甘味料(ステビア)、赤キャベツ色素、シソ色素、カラメル色素 ←何から
原料原産地名 和歌山県産(梅) ←原材料の産地
内容量 100g
賞味期限 20xx.12.24 ←いつまで
保存方法 要冷蔵(10℃以下) ←どのように
製造者 ○○○子
滋賀県○○市○○町○○番地
←誰がどこで

 

※県内の調査結果から・・・

表示違反の主な事例は次のようなものです。

  1. 製造所所在地が正しく表示されていない。
    〔記載なし、製造所以外の場所(製造者の住所等)で記載等〕

  2. 製造者の氏名が正しく表示されていない。
    〔法人ではない任意団体名で記載〕→ 正しくは○○グループ代表者□△○子等で記載する。

  3. 添加物を使用しているのに表示されていない。

  4. アレルギー物質が含まれているのに表示されていない。

販売所のチェックポイント

  • 整理整頓はできていますか?
    食品と食品以外のものは区別して保管・陳列すること。

  • 手洗い設備は整っていますか?
    手洗いには、消毒液を備え適宜手洗いを行いましょう。

  • 冷蔵庫の温度は適切に管理されていますか?
    温度計を設置し、時間を決めて温度を確認しましょう。

  • 保管・販売所にねずみや昆虫はいませんか?
    定期的に駆除しましょう。

  • 動物等が持ち込まれていませんか?

  • ゴミは適切に処理されていますか?

  • 商品が納入されるときは、商品の品質、包装状態、表示を確認し、記録していますか?

  • 出荷・販売するときには包装状態、表示等について点検していますか?

  • 賞味期限(消費期限)の切れた商品はありませんか?

  • 商品は表示の保存方法(冷蔵、冷凍など)に従って陳列されていますか?

保健所に寄せられた主な苦情の事例
  • 髪の毛が混入していた。

  • 虫などその他の異物が混入していた。

  • かびが発生していた。

  • 密封包装が不完全であった。

  • 表示が不十分であった。など・・・・

製造者・販売者がともに注意していれば防げた事例です。

 

食品を製造、販売することには、大きな責任が伴います。

  • 製造あるいは、販売した食品が原因で健康被害が発生したら・・・
    →製造または販売した人に責任が求められます。

  • 食品の製造、販売は営業行為であることをよく認識し、衛生管理に努めましょう。

 

★地域・特産品を製造加工される方へ パンフレット(PDF:3,806KB)

 


戻る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

滋賀県健康医療福祉部生活衛生課食の安全推進室

電話番号:077-528-3643

ファックス番号:077-528-4861

メールアドレス:el00@pref.shiga.lg.jp