文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

滋賀県ホームページ

  • サイトマップ
  • お問い合わせ

ここから本文です。

更新日:2017年11月16日

老年医療講座

第33回 老年医療講座 「認知症」と共に ~自分・家族・仕事・地域~

 わが国では認知症800万人時代が目前と言われています。認知症の問題は長寿という光についてきた影のようなものなのかも知れません。介護・福祉・医療が力を合わせて認知症の人と家族を支えるとともに、社会全体に理解を求め、皆が自分ごととして認知症について考えることが必要です。

今回は臨床心理士として認知症の人に向き合いながら、介護職のためのよりよい研修や労働現場の改善についての研究をされている京都府立医科大学大学院の大庭輝先生を講師にお迎えします。また、当院の老年内科スタッフもお話しさせていただきます。専門職や介護家族、県民の皆様と、誰もが関わる可能性のある身近な病気、認知症について、一緒に学び、考えたいと思います。

開催日時

平成30年2月24日土曜日 10時~12時30分 (開場9時30分)

プログラム

オープニングリマーク

神経内科・老年内科部長 長谷川 浩史

講演1 早期疾患診断の意義 ~医療が認知症に出来ること~

老年内科言語聴覚士・臨床発達心理士 鈴木 則夫

講演2 患者さんから学ぶこと

老年内科臨床心理士  翁 朋子

特別講演 「認知症介護とクオリティ・オブ・ライフ ~認知症の人と共に生活するために~」

京都府立医科大学大学院医学研究科 精神機能病態学  大庭 輝先生

場所

滋賀県立成人病センター研究所講堂 (守山市守山5丁目4-30)

対象

医療・介護関係者、介護家族、一般の皆様

定員

150名(当日先着順)

申込等

申込不要、参加費無料、駐車場無料(駐車券を無料化します)

チラシ

チラシ(PDF:1,383KB)

問合せ先

滋賀県立成人病センター 総務課
電話:077-582-5031  メール:nb01105@pref.shiga.lg.jp 

過去に開催した老年医療講座

会場はすべて成人病センター研究所講堂で開催

開催日 内容
2017年2月18日土曜日
10時~12時30分
第32回老年医療講座県民公開講座
テーマ『認知症にやさしい社会へ ~初期からの支援を考える~』
チラシ(PDF:303KB)
講演1 「カフェやすらぎ庵(認知症カフェ)を開催して思うこと」
講演2「認知症の専門医療とはなにか?」
平成28年2月27日土曜日
午前10時~12時
第31回 老年医療講座県民公開講座
テーマ『認知症の医療とケア』 チラシ(PDF:365KB)
講演1「言葉を失ってゆく妻を支えて~医師との交わり・人とのつながり~」
講演2「その人らしさを求めて~人と支援をつなぐこと~」
講演3「ひとりひとりがその人らしく」
平成27年2月28日(土曜日)
10時~12時30分

第30回老年医療講座県民公開講座

テーマ『認知症~地域で見守る・社会で支える~』(チラシ(PDF:554KB)) 
講演1「認知症とは何か」 
講演2「介護を終えて思うこと」 
講演3「高齢者の運転免許と認知症」

平成26年2月15日(土曜日)
13時~16時
第29回老年医療講座県民公開講座
テーマ『 高齢社会と認知症~私たちが知っておきたいこと~ 』
チラシ(PDF:885KB)
講演1「 認知症とは何か 」
講演2「 食事介助の豆知識 」
講演3「 楽しく介護していますか? ~介護者のためのストレスケア~ 」
特別講演「 老いても、認知症になっても、生き生きと過ごす 」
平成25年3月9日(土曜日)
10時~12時30分
第28回老年医療講座テーマ 『認知症とともに生きる』
チラシ(PDF:673KB)) 
講演1「認知症の人とのコミュニケーション」
講演2「介護者のためのストレスケア」
講演3「認知症から学ぶ人のこころと行動」
平成24年9月8日(土曜日)
10時~12時30分
第27回老年医療講座テーマ 「みんなでつくろう、認知症にやさしい社会」
チラシ(PDF:89KB)) 
講演1「疾患別・認知症の医療とケア」
講演2「食事介助の豆知識」
特別講演「認知症になっても安心なまちづくり」
平成24年3月17日(土曜日)
10時~12時30分

第26回老年医療講座テーマ 「もの忘れが気になりだしたら」

チラシ(PDF:76KB)
講演1「“ことば”の観察からわかること」
講演2「認知症予防 できること、できないこと」
講演3「認知症を怖がるあなたに 認知症を誤解していませんか」

平成23年9月10日(土曜日)
10時~12時30分
第25回老年医療講座テーマ 「認知症の理解と対応」
チラシ(PDF:68KB)
講演1「認知症のABC」
講演2「職業介護者のストレスマネジメント」
特別講演「根拠のある認知症ケア」
平成23年3月19日(土曜日)
10時00分~12時30分
第24回 老年医療講座
チラシ(PDF:46KB)
講演1「 BPSDの疾患別特徴」
講演2「もの盗られ妄想の実際」
特別講演「ケーススタディ<認知症のBPSD・身体合併症の治療>」
平成22年9月11日(土曜日)
10時00分~12時30分
第23回老年医療講座
テーマ「認知症診療の現場から」
チラシ(PDF:52KB)) 
講演1「認知症とは何か」
講演2「疾患の理解と対応-心理士の立場から-」
特別講演「精神科における認知症診療の経験」
平成22年3月13日(土曜日)
10時00分~12時30分
第22回 老年医療講座
チラシ(PDF:56KB)) 
講演1 「認知症の基礎知識」
講演2 「認知症の人の思いを考える」
講演3 「私の出逢った患者さんたち」
特別講演「認知症の母を看取って」
平成21年9月12日(土曜日)
10時~12時
第21回老年医療講座
認知症~今、わたしたちにできること~(チラシ(PDF:146KB)
講演1「認知症について知っておきたいこと」
講演2 「認知症の患者さんの語りに耳を傾ける」
特別講演「地域で過ごす認知症患者さんを支えるために」
水口病院認知症センター高橋淳先生
平成21年3月14日(土曜日)
午前10時~12時30分
第20回老年医療講座
「高齢社会と認知症~これからの医療とケアを考える~」
講演1「認知症診療、最前線」
講演2「認知症の人に出会ったら」
特別講演「施設で暮らすお年寄りたち-老人保健施設の場合-」
講師:介護老人保健施設ケアタウン南草津施設長 塩榮夫先生
平成20年9月6日(土曜日)
10時~12時30分
第19回老年医療講座
テーマ:「高齢社会を生きる-ともに学ぼう認知症-」
講演1「少子高齢ニッポンの現状」 長濱 康弘(医師)
講演2「認知症の人のとなりで」 翁 朋子(臨床心理士)
講演3「認知症になっても困らないために」 松田 実(医師)
平成20年3月22日(土曜日)
10時~12時30分
第18回 老年医療講座
テーマ:「もの忘れが気になりだしたら」
講演1「記憶についてのわかりやすいお話」 松田実(医師)
講演2「介護予防とリハビリテーション」 翁朋子(臨床心理士)
講演3「認知症の早期診断・治療・ケア」 長濱康弘(医師)
平成19年 9月8日(土曜日)
10時~12時30分
第17回 老年医療講座
テーマ:「よくわかる認知症~症状から介護まで~」
講演1「認知症の診断と治療」 松田実(医師)
講演2「認知症の人にどう接するか」 翁朋子(臨床心理士)
講演3「アルツハイマー型認知症の義母と暮らして」
 認知症の人と家族の会滋賀県支部世話人代表服部節子さん
平成19年 3月17日(土曜日)
10時~12時30分
第16回 老年医療講座
テーマ:「認知症診療のめざすもの」
講演1「もの忘れ外来の現場から」 松田実(医師)
講演2「心理士の立場から」 翁朋子(臨床心理士)
講演3「認知症疾患病棟で治療したいこと」 琵琶湖病院松田桜子先生
平成18年 9月9日(土曜日)
10時~12時30分
第15回 老年医療講座
テーマ:「もっと知ろう、認知症」
講演1「認知症のABC」 長濱康弘(医師)
講演2「認知症の患者さんを理解するということ」 翁朋子(臨床心理士)
講演3「認知症の患者さんとご家族を支えるために」 新潟医療福祉大学医療技術学部教授今村徹先生
平成18年3月11日(土曜日)
10時~12時30分
第14回 老年医療講座
テーマ:「支えあう認知症ケア」
講演1「認知症の人とかかわるために知っておきたいこと」 長濱康弘(医師)
講演2「認知症の患者さんから学ぶこと」 翁朋子(臨床心理士)
講演3「老人保健施設における認知症ケアのあり方と問題点」
 老人保健施設寿々はうす施設長西松公孝さん
平成17年10月15日(土曜日)
10時~12時30分
第13回 老年医療講座
テーマ:「認知症ってどんな病気?-その病気、病状と介護について考える-」
講演1「病気を知る1.アルツハイマー病」 松田実(医師)
講演2「病気を知る2.レビー小体病」 長濱康弘(医師)
講演3「病気を知る3.脳血管障害~脳血管性痴呆・失語症など~」 鈴木則夫(言語聴覚士)
講演4「リハビリテーションの実際」 翁朋子(臨床心理士)
講演5「私の介護体験~義母の認知症と付き合って~」
呆け老人をかかえる家族の会(現・認知症の人と家族の会)
滋賀県支部世話人代表上田百合子さん

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。