文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ここから本文です。

更新日:2017年4月28日

近江学園創立70周年紀要

 はじめに

  「日々子供達ヲ相手ニ忙シイコトデスガ、ヤハリ研究ヲ怠リマスト仕事ガ進マズ、カエッテ世ノ中ニ後レテシマフヤウナコトガアリマスカラ、ヨク注意シテ努力シナクテハナリマセン。」

  糸賀一雄先生は近江学園の「設立ノ趣旨」のなかで研究活動、特に新しい課題に果敢に挑戦し、「我国ノ社会ノ要求ニシツカリト応ジラレルモノ」にしたいと、研究の重要性を強く述べられています。近江学園三条件の一つである「不断の研究」です。

  時代ごとに社会から求められる役割を果たすためには、今いる子ども、将来関わるべき子ども達に常に焦点を当て、アンテナを高く張りながら、先に先にと研究を進める必要があります。

  また、利用者、保護者の皆さんをはじめとする県民の皆さんへの説明責任を果たし、さらには県内の障害児者支援技術のレベルアップに資するという県立施設としての使命を果たす取り組みの基礎として、エビデンス(科学的根拠)に基づく実践がますます求められています。

  創立50周年を機会に取り組まれてきた「実践(研究)報告」の資料を改めて整理し、この20年間の研究活動の総括をすべく紀要を編纂しました。

  近江学園の多くの先輩たちの熱意にあふれた取り組みが感じられ、また、今後の障害児支援の参考になるものと考えています。関係の皆さんのご批評を切にお願いするものです。

 

                                                                                    平成28年11月15日        滋賀県立近江学園長  植田 重一郎

 

近江学園通史(年表)(PDF:469KB)

昭和21年の創立から、平成28年に至るまでの当園の通史について、年表形式でまとめています。

*なお、現在では差別的表現と捉えられる用語が含まれておりますが、当時の表現のまま掲載させていただきます。

 

児童の現況(PDF:683KB)

平成14年から平成27年までの入所児童の現況(年齢、障害程度、昼間支援の状況など)について各年度ごとに一覧表にしてまとめています。

 

近江学園前史としての滋賀の社会事業(PDF:327KB)  植田  重一郎

創立50周年からの20年の歩み(PDF:267KB)   谷村  まさみ

受け継がれる生産教育(PDF:459KB)  自立支援係 日中支援担当

 

 創立50周年からの20年間の実践報告内容(PDF:202KB)

  当園では、創立50周年を契機とし、平成8年より職員が園内での実践や研究を報告する「実践報告集」を作成してきました。

  そして創立70周年を契機に、実践報告集の内容を各年度ごとに一覧表にしてまとめ、みなさまにご報告させていただくこととしました。

  なお、実践報告の本文の開示につきましては、個人情報などプライバシーに関わる情報が数多く掲載されておりますので、お手数ですが当園担当者までご連絡いただきますようお願いいたします。

  また、平成11年度及び12年度につきましては、サーバー移行時のトラブルにより消失しているため、掲載しておりません。ご了承ください。

 

 

 

 近江学園トップページに戻る

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

滋賀県立近江学園 

電話番号:0748-77-2811

ファックス番号:0748-77-3630

メールアドレス:ec37@pref.shiga.lg.jp

担当者:森本・鹿井