文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > 健康・医療・福祉 > 高齢者 > 高齢者医療 > 認知症の早期発見のために

ここから本文です。

更新日:2016年5月13日

認知症の早期発見のために

滋賀県認知症相談医について

  • 認知症を早期に発見し早期に対応するためには、日常受診している「かかりつけ医」の役割が大変重要です。そこで、平成18年度県と県医師会が協働で認知症相談医制度を創設しました。
  • この制度では、認知症についての研修を行い、修了した医師のうち、認知症相談医となることを承諾した方を「認知症相談医」として認定しています。
  • 認知症相談医には、ステッカーを交付していますので、このステッカーポスター(PDF:295KB)を見かけたら気軽にご相談ください。  

認知症相談医の役割 

  1. 日頃受診している患者等について、認知症の早期の段階で気づき、発見する。
  2. 必要な場合は、専門医療機関への受診誘導を行う。
  3. 認知症の人への日常的な身体疾患の対応や健康管理を行う。
  4. 認知症の人の家族の介護負担や不安を理解する。
  5. 認知症の人と家族を支援するため、地域の認知症介護サービス等関係機関と連携をとる。

 認知症相談医医療機関情報

  1. 大津圏域 (PDF:193KB)
  2. 南部圏域(PDF:173KB) 
  3. 甲賀圏域(PDF:301KB)
  4. 東近江圏域(PDF:413KB) 
  5. 湖東圏域  (PDF:317KB)
  6. 湖北圏域(PDF:334KB)
  7. 高島圏域 (PDF:200KB)
  8. 認知症相談医がいる介護老人保健施設等(PDF:201KB) 
  • 情報については、各医師からの回答をそのまま掲載しています。
  • 医療機関の対応は、個々により違う場合がありますので、詳細については、直接各医療機関におたずねください。
  • ホームページの掲載について承諾の得られた医師のみ掲載しています。
  • 情報は平成28年4月1日現在のものです。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

滋賀県健康医療福祉部医療福祉推進課

電話番号:077-528-3520

ファックス番号:077-528-4851

メールアドレス:ed00@pref.shiga.lg.jp