文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > 子ども・教育 > 子育て > 児童虐待防止 > オレンジリボンキャンペーン~子どもを虐待から守ろう~ > 【県民の皆さんへ】滋賀の子どもを虐待から守る知事メッセージ~たすけてサインを見逃さないで~

ここから本文です。

更新日:2015年9月29日

【県民の皆さんへ】滋賀の子どもを虐待から守る知事メッセージ~たすけてサインを見逃さないで~

 

 『もしや虐待では』と思ったら、地元の市町か子ども家庭相談センター(児童相談所)に必ず連絡してください。ribbon

7月に大阪市において2人の幼児が虐待(育児放棄)により死亡するなど、全国で虐待のため子どもが死亡する痛ましい事件が続いています。
本県でも、平成21年度の児童虐待相談件数が2,802件(人)と県内の18歳未満人口の1.09%になり、過去には死亡事例も発生しています。
子どもが虐待により命を落とすことは、絶対にあってはならないことです。
県では、「悲惨な事件を二度と起こさない」という決意を新たに、各市町、関係機関・団体や企業等と連携して、児童虐待の防止に取り組んでいます。
  今、何より大切なのは、虐待が起こらないよう、あるいは、深刻な事態に陥る前に、子育て家庭に、社会が支援の手を差し伸べることです。
  県民の皆さんには、子育てを他人事とせず、子どもや保護者を見守り、声をかけるなど、地域で子育てを支え、必要な時には、公的な支援につなげていただきたい。
  そして、【助けてサイン】を見逃さず、「もしや虐待では」と思ったら、迷わず、虐待ホットラインへ連絡をお願いします。必ず、県の子ども家庭相談センターが対応します。
皆さんからの連絡が、子どもや家族の明日への扉を開く鍵になることを信じ、気がついた方が、まず行動してください。

《虐待ホットライン》(24時間対応)077-562-8996(はぐくむ)

間違っていても責められることはありません。連絡した人の秘密は守られます。

 

平成22年(2010年)8月24日

滋賀県知事 /cms8341/e/kodomokatei/gyakutai/picture/tiji.JPG

      

 

 

オレンジリボン活動の最新情報

オレンジリボンキャンペーン~子どもを虐待から守ろう~

見逃さないで「たすけてサイン」とは

 【子どもからのサイン】

   不自然なあざ・やけど・打撲

   極端にやせている等栄養失調状態

   衣服やからだ(髪や手足等)が不潔

   無表情、大人を見るとおびえる

   落ち着きがなく乱暴、情緒不安定

 【保護者からのサイン】

   子どもの健康や安全への配慮がされてない

   衣類、寝具が不衛生状態

   子どもを家に置いたまま、よく外出する

   いつもイライラして、子どもに当たる

   地域との交流がなく、孤立している

 

子どもの虐待とは
子ども虐待は、保護者が子どもに対して行う次の行為で、4つに分類されています。

 

【身体的虐待】
   なぐる、ける、やけどを負わせるなど
 【性的虐待】
   性的行為を強いる、性器を見せるなど
 【ネグレクト(養育の拒否・怠慢)】
   家に閉じこめる、食事を与えない、ひどく不潔にする、車の中に放置するなど
 【心理的虐待】
   ことばによるおどし、無視や拒否的な態度をとる、きょうだい間の差別、
 子どもが同居する家庭におけるDVなど

 

オレンジリボンとは

 

子どもの虐待を防止するメッセージリボンのこと。
「オレンジリボン」には、児童虐待の現状を広く知らせ、子どもを虐待から守り、虐待を受けた子どもが幸福になれるように、という気持ちがこめられています。


平成16年9月、栃木県小山市で2人の幼い兄弟が虐待の末、橋の上から川に投げ入れられて死亡する事件が起きました。その事件をきっかけに小山市の市民団体「カンガルーOYAMA」が、子どもへの虐待防止を目指して、平成17年にオレンジリボンキャンペーンを始めました。NPO法人「里親子支援のアン基金プロジェクト」がその活動に協力し、大きく育てました。平成18年から児童虐待防止全国ネットワークが総合窓口を担い、この運動に対して厚生労働省も後援を行うなど、現在、全国的な活動となっています。
滋賀県でも、平成20年度から、11月の児童虐待防止推進月間を中心に、県民一人ひとりが、この問題への理解を深め、何ができるのかを考える気運づくりのため、街頭啓発などオレンジリボンキャンペーンを行っています。

※オレンジリボンキャンペーンの『ピンバッジ』の問い合わせ先は次のとおりです。
活動支援のための賛助金が必要です。
特定非営利活動法人子どもの虐待防止ネットワーク・しが(キャプネス)
TEL/FAX :077-567-2181MAIL:capnes@nifty.com

お問い合わせ

滋賀県健康医療福祉部子ども・青少年局 

電話番号:077-528-3550

ファックス番号:077-528-4854

メールアドレス:em00@pref.shiga.lg.jp