文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > 健康・医療・福祉 > 健康 > 感染症 > 中東呼吸器症候群(MERS)について

ここから本文です。

更新日:2017年4月19日

中東呼吸器症候群(MERS)について

  

1.中東呼吸器症候群(MERS)とは

  中東呼吸器症候群(MERS)とは、2012年に中東地域で初めて確認された新しい種類のコロナウイルスによる感染症です。中東地域に居住または渡航歴のある人や、MERS患者との接触歴のある人から、症例が継続的に報告されており、医療施設や家族内等において限定的なヒト-ヒト感染が確認されているところです。

2.感染経路

  人がどのようにしてMERSに感染するかは、まだ正確には分かっていません。患者から分離されたMERSコロナウイルスと同じウイルスが、中東のヒトコブラクダから分離されていることなどから、ヒトコブラクダがMERSコロナウイルスの感染源動物の一つであるとされています。その一方で、患者の中には動物との接触歴がない人も多く含まれています。家族間や、医療機関における患者間、患者-医療従事者間など、濃厚接触者間での感染も報告されています。季節性インフルエンザのように、次々にヒトからヒトに感染すること(持続的なヒト-ヒト感染)はありません。

3.症状

  MERSの主な症状は、発熱、せき、息切れなどです。下痢などの消化器症状を伴う場合もあります。MERSに感染しても、症状が現われない人や、軽症の人もいますが、特に高齢の方や糖尿病、慢性肺疾患、免疫不全などの基礎疾患のある人で重症化する傾向があるといわれています。

4.治療

  MERSに対するワクチンや特異的な治療法はありません。患者の症状に応じた治療(対症療法)になります。

5.予防

 中東地域などの流行地へ旅行する場合は以下のことに注意して下さい。

  • 現地では、こまめに手を洗う、加熱が不十分な食品(未殺菌の乳や生肉など)や不衛生な状況で調理された料理をさけ、果物、野菜は食べる前によく洗う、といった一般的な衛生対策を心がけてください。
  • 咳やくしゃみの症状がある人や、動物(ラクダを含む)との接触は可能な限り避けましょう。

※  帰国時に発熱や咳などの症状がある方は、空港内等の検疫所へご相談ください。

6.医療機関の皆様へ

  次の要件にあてはまる患者を診察した場合には、ただちに最寄りの保健所へ情報提供をお願いします。

(情報提供を求める患者の要件)

患者が次の(1),(2)または(3)に該当し、かつ他の感染症または他の病因によることが明らかでない場合

       (1)38℃以上の発熱および咳を伴う急性呼吸器症状を呈し、臨床的又は放射線学的に肺炎、ARDSなどの

            実質性肺病変が疑われる者であって、発症前14日以内に対象地域(※)に渡航または居住していたもの

       (2)発熱を伴う急性呼吸器症状(軽症の場合を含む。)を呈する者であって、発症前14日以内に対象地域(※)

         において、医療機関を受診もしくは訪問したもの、MERSであることが確定した者との接触歴があるもの

         またはヒトコブラクダとの濃厚接触歴があるもの

       (3)発熱または急性呼吸器症状(軽症の場合を含む。)を呈する者であって、発症前14日以内に、対象地域

          か否かを問わず、MERSが疑われる患者を診察、看護もしくは介護していたもの、MERSが疑われる患者と

          同居(当該患者が入院する病室または病棟に滞在していた場合を含む。)していたものまたはMERSが

          疑われる患者の気道分泌液もしくは体液等の汚染物質に直接触れたもの

   ※対象地域:アラビア半島またはその周辺諸国

 

7.県民の皆様へ

県民の皆様におかれましては、以下のことについての御協力を強くお願いしたいと思います。

  • MERSの感染は、インフルエンザのように、次々にヒトからヒトに感染することはありません。 このため、県民の皆様には、冷静な対応をお願いします。
  • もし、流行国に渡航し、帰国(入国)した後14日以内で、発熱や呼吸器症状がある場合には、万一の場合を疑い、地域の医療機関を受診することは控えていただき、直ちに最寄りの保健所に電話連絡をし、その指示に従っていただきますよう、お願いします。

 

 連絡・相談窓口

(1)相談窓口の開設日時            平日8時30分~17時15分

                                               (大津市8時40分~17時25分)

(2)相談窓口

保健所

電話

ファックス

草津保健所

077-562-3534

077-562-3533

甲賀保健所

0748-63-6147

0748-63-6142

東近江保健所

0748-22-1300

0748-22-1617

彦根保健所

0749-21-0283

0749-26-7540

長浜保健所

0749-65-6662

0749-63-2989

高島保健所

0740-22-2526

0740-22-5693

 ※時間外・休日については、留守番電話にて連絡先をお伝えします。

大津市 

大津市

電話

ファックス

大津市保健所

077-522-7228

077-525-6161

※時間外・休日については、留守番電話にて連絡先をお伝えします。

 

県庁

電話

ファックス

薬務感染症対策課

077-528-3632

077-528-4863

参考

-厚生労働省ホームページ 「中東呼吸器症候群(MERS)について」

http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/mers.html

 -厚生労働省検疫所ホームページ「中東に渡航する方へ<中東呼吸器症候群に関する注意>」

http://www.forth.go.jp/news/2015/02021049.html

-国立感染症研究所ホームページ 「中東呼吸器症候群(MERS)」http://www.nih.go.jp/niid/ja/disease/alphabet/mers//2186-idsc/2686-mers.html#niid

-外務省海外安全ホームページ「国・地域別の渡航情報」 

http://www.anzen.mofa.go.jp/index.html

 

 

 

 

 

お問い合わせ

滋賀県健康医療福祉部薬務感染症対策課

電話番号:077-528-3632

ファックス番号:077-528-4863

メールアドレス:eh00@pref.shiga.lg.jp