文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > 健康・医療・福祉 > 健康 > 感染症 > 風しんについて

ここから本文です。

更新日:2015年4月26日

風しんについて

  風しんとは、風しんウイルスによっておこる急性の発疹性感染症です。潜伏期間は2~3週間で、主な症状として発疹、発熱、リンパ節の腫れが認められます。風しんウイルスは、患者さんの唾液のしぶきなどによって、ほかの人にうつります。

  妊娠初期の女性が風しんにかかると、胎児が風しんウイルスに感染し、難聴、心疾患、白内障などの障害が起こる、先天性風しん症候群を発症することがあります。

       流行の最新情報

風しんの予防について

  風しんは、インフルエンザと同じように唾液のしぶきなどの飛まつで感染するので、次のことに注意しましょう。

  • 出来るだけ人ごみを避け、外から帰ったら、手洗い・うがいを励行しましょう。
  • 急な全身性発疹や発熱などの症状が出たら、早めに医療機関を受診しましょう。
  • 医療機関受診の際は、マスクを着用し、咳エチケットを守りましょう。
  • 予防接種を受けましょう。特に、

            (1)妊婦さんの夫、子どもおよびその他同居家族

            (2)10代後半から40代の女性(特に妊娠希望者または妊娠する可能性の高い方)

            (3)産褥早期の女性

         のうち、風しんの抗体価が十分であると確認できた方以外の方は、任意での予防接種を受けることを

         ご検討ください。

風しん抗体検査について

滋賀県では風しん抗体検査を無料で実施しております。詳細についてはこちらをご覧ください。

風しん抗体検査について/滋賀県

 

参考

厚生労働省  風しんについて

http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/rubella/index.html

国立感染症研究所  風しんQ&A

http://www.nih.go.jp/niid/ja/rubellaqa.html

お問い合わせ

滋賀県健康医療福祉部薬務感染症対策課

電話番号:077-528-3632

ファックス番号:077-528-4863

メールアドレス:eh00@pref.shiga.lg.jp