文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ここから本文です。

更新日:2016年7月5日

がん対策

がん(悪性新生物)は、わが国における死因の第一位であり、年間30万人以上の方が死亡されています。本県においても、がんは死因の第一位であり、全死因の約3割を占め、年間3,000人以上の県民ががんにより死亡されています。
また、厚生労働省の推計によれば、生涯のうち、がんに罹患する可能性は、男性の2人に1人、女性の3人に1人であると推定されています。今後、ますます高齢化が進行する中で、がんによる死亡数は増加することが予測されます。
こうしたことから、がんの予防、早期発見、適切な治療などの総合的ながん対策が、ますます重要となってきています。
このため、滋賀県では、平成20年12月に「滋賀県がん対策推進計画」を策定して、がん対策を総合的かつ計画的に推進しています。

 

がんの予防

 がんの発生には喫煙や食生活などの生活習慣が影響することから、自らの健康は自らが守るという考えのもと、県民自らが生活習慣の改善を通じてがんの予防をすすめることが重要です。
特に、男性の肺がんによる死亡率が全国平均より高い本県においては、受動喫煙の防止と、喫煙率の減少に取り組む必要があります。

がんの早期発見

がんによる死亡を防ぐためには、がんを早期に発見し、早期に治療を行うことが重要です。そのためには、より多くの県民の皆さんにがん検診を受けていただくことが必要です。本県におけるがん検診の受診率は、全国平均を下回っており、がん検診の受診率の向上に取り組む必要があります。
あわせて、精密検査対象者がもれなく受診することががんの早期発見のために重要であり、精密検査受診率の向上に取り組む必要があります。
がん検診には、市町が地域の住民を対象に行う検診をはじめ、企業が従業員に対して福利厚生の一環として行う検診、健康保険組合等が独自の保健事業として行う検診、さらには、県民が健康管理の一環として自ら受診するものなど様々な形で行われています。
このうち、市町が行うがん検診は、全ての市町において、胃がん検診(対象:40歳以上)、子宮がん検診(対象:20歳以上の女性)、乳がん検診(対象:40歳以上の女性)、大腸がん検診(対象:40歳以上)が行われており、一部の市町で肺がん検診(対象:40歳以上)が行われています。(詳しくは、各市町のホームページでご確認ください。)

 



がん医療の提供

 がん患者が安心してがん医療を受けるためには、質の高いがん医療や、入院治療から在宅医療に至るまでの切れ目のないがん医療を提供していくことが重要です。
このため、がん医療の圏域による格差をなくし、地域のがん医療の水準を向上させるため、がん診療連携拠点病院が中心となって地域連携クリティカルパスの整備を図るなど、がん診療連携拠点病院と地域の医療機関との連携に向けて取り組んでいます。

※「がん診療連携拠点病院」とは、地域におけるがん診療の拠点となる病院を指定する制度であり、国の制度と本県独自の制度があります。

 

■国の制度

 ◆都道府県がん診療連携拠点病院(滋賀県立成人病センター)

地域がん診療連携拠点病院に対する診療支援、医療従事者に対する研修の実施など、県内のがん医療のコーディネーターの役割を担う。知事の推薦に基づき厚生労働大臣が指定。

 ◆地域がん診療連携拠点病院 
  (滋賀医科大学医学部附属病院、大津赤十字病院、市立長浜病院、公立甲賀病院、彦根市立病院)

各圏域において、専門的ながん医療の提供を行うとともに、圏域内の医療機関に対する診療支援、医療従事者に対する研修、患者等に対する相談支援などを行う。知事の推薦に基づき、厚生労働大臣が指定。

 

■県独自の制度

 ◆滋賀県がん診療連携拠点病院(滋賀医科大学医学部附属病院、滋賀県立成人病センター)

 上記、都道府県がん診療連携拠点病院の機能と同じ。本県では、独自に滋賀医科大学附属病院と県立成人病センターの2病院を知事が指定。 

 ◆滋賀県がん診療高度中核拠点病院(滋賀医科大学医学部附属病院)

がん医療における高度先進医療を提供するとともに、医師等の人材支援、人材育成の中核を担う。知事が指定。 

 ◆滋賀県がん診療広域中核拠点病院(大津赤十字病院)

大津圏域における専門的ながん医療の提供に加え、広域的に専門的ながん医療の提供を行う。知事が指定。

がん患者と家族への支援

 がん患者さんやそのご家族にとっては、がんの告知は心理的に大きな負担となります。また、がんの治療についての正確な情報や納得のいく説明が求められます。
このため、相談支援体制の充実と幅広い情報の提供に取り組む必要があります。
また、相談支援機関が連携し、情報交換を行うことにより、お互いの相談支援機関の機能の充実に取り組む必要があります。
がん診療連携拠点病院では、病院内に「がん相談支援センター」を設置して、がん患者さんやそのご家族などの相談に応じています。

 

滋賀県がん対策の推進に関する条例

  平成25年12月27日、「滋賀県がん対策の推進に関する条例」が議員提案により制定されました。

  条例の概要をまとめたパンフレットを作成しましたので、ご覧ください。

「滋賀県がん対策の推進に関する条例」パンフレット(PDF:386KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

滋賀県健康医療福祉部医療政策課 

電話番号:077-528-3610

ファックス番号:077-528-4857

メールアドレス:ef00@pref.shiga.lg.jp