文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ここから本文です。

更新日:2018年8月8日

夏の感染症予防

夏に注意したい感染症について

この夏、特に注意してほしい感染症や予防対策について情報提供いたします。

ジカウイルス

  • ジカウイルス感染症とは?

 デング熱と同様、蚊を介して広がる感染症です。感染したヒトから他のヒトに直接感染するような病気ではありませんが、輸血や性行為によって感染する場合もあります。  

  • 症状は?

蚊に刺されてから数日後に、軽度の発熱、発疹、結膜炎、関節痛、筋肉痛、倦怠感、頭痛等が見られます。感染しても8割の人は症状が出ません。  

  • 流行地域は?

アフリカ、中南米、アジア太平洋地域で多く報告されています。 

  • 感染を媒介する蚊は?

媒介蚊として、ネッタイシマカやヒトスジシマカが確認されています。ネッタイシマカは日本にはいませんが、ヒトスジシマカは日本のほとんどの地域(秋田県および岩手県以南)でみられます。

  • 治療や予防は?

治療薬やワクチンはまだありません。予防は蚊に刺されないことが重要です。 

  • 妊婦と妊娠の可能性のある女性へ

妊娠中に感染すると、胎児に小頭症などの先天性障害をきたすことがあることから、妊婦および妊娠の可能性がある方は、可能な限り流行地域への渡航を控えてください。

 

 

SFTS(重症熱性血小板減少症候群)

  • SFTSとは?

SFTS(重症熱性血小板減少症候群:severe fever with thrombocytopenia syndrome)ウイルスを保有しているマダニに咬まれることにより感染する病気です。

  • 症状は?

主な症状は発熱と消化器症状で、マダニに咬まれてから6日~2週間で発症します。重症化し、死亡することもあります。

  • 流行地域は?

日本では西日本を中心に発生しています。今年度、滋賀県内でマダニに咬まれた方が初めてSFTSに感染しました。

  • 治療や予防は?

治療薬やワクチンはなく、対症療法が主体です。予防は、マダニに咬まれないようにすることが重要です。 

  • マダニに咬まれないようにするには?

マダニは春から秋にかけて活動が盛んになります。草むらや藪などマダニが多く生息する場所に入る場合は、長袖・長ズボン、足を完全に覆う靴、帽子、首にタオルを巻くなど肌の露出を少なくすることが大事です。

屋外活動後は入浴し、マダニに咬まれていないか確認してください。特に、わきの下、足の付け根、手首、ひざ裏、胸の下、頭部がポイントです。 

  • マダニに咬まれたら?

吸血中のマダニに気が付いた際、無理に引き抜こうとするとマダニの一部が皮膚内に残ったり、マダニの体液が逆流するおそれがあるので、医療機関(皮膚科)で処置をしてもらってください。

マダニに咬まれた後、数週間程度は体調の変化に注意し、発熱等の症状が認められた場合は医療機関で診察を受けてください。

 

 

腸管出血性大腸菌感染症(O157)

  •  腸管出血性大腸菌感染症とは?

人や家畜の腸内に存在する大腸菌のうち、ベロ毒素という毒素を産生し、人に下痢などの消化器症状を引き起こす腸管出血性大腸菌と呼ばれる菌による感染症です。

  • 感染経路は?

菌に汚染された食品や、患者の便で汚染されたものに触れた手を介しておこる経口感染です。 

  • 症状は?

感染後3~8日の潜伏期間の後、腹痛・水溶性下痢・血便などの消化器症状があります。まれに初発症状の数日から2週間以内に、溶血性尿毒症症候群(HUS)や脳症などの重症合併症を発症することがあり、急性腎不全などを生じた場合、死に至ることもあります。 

  • 下痢の時には?

下痢の原因が腸管出血性大腸菌であるかどうかを確認するために、必ず医師の診断を受けましょう。

下痢の治療の基本は、安静、水分補給、消化しやすい食事の摂取などです。これらのことに気を付け、医師の指示に従いましょう。 

  • 予防方法は?

(1)食品の保存、運搬、調理にあたっては、衛生的に取扱い、O157の汚染が心配されるものは十分に加熱(75℃で1分以上)する

(2)食品を扱う場合には、手や調理器具を流水で十分に洗ってください。

(3)飲料水の衛生管理に気を付けてください。とくに井戸水や受水槽の取扱いにあたっては注意してください。

  

夏休みにおける海外での感染症予防

夏休みには海外へ渡航される方が多くなることから、厚生労働省および検疫所は、海外滞在中に感染症にかかることなく、安全で快適に旅行し、帰国することができるように、海外で注意すべき感染症やその予防対策について情報提供しています。

詳細については、下記のサイトを参照してください。 

  • <厚生労働省:夏休みにおける海外での感染症予防について>

http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/travel-kansenshou.html 

  • <検疫所:夏休みに海外へ渡航される皆さまへ>

http://www.forth.go.jp/news/2016/07011524.html

 

 

 

お問い合わせ

滋賀県高島健康福祉事務所 

電話番号:0740-22-2526

ファックス番号:0740-22-5693

メールアドレス:ea35@pref.shiga.lg.jp