文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ここから本文です。

更新日:2018年5月29日

障害者保健福祉

障害者総合支援法

「地域社会における共生の実現に向けて新たな障害保健福祉施策を講ずるための関係法律の整備に関する法律」について

  標記法律が平成24年3月に閣法として閣議決定され、同年4月に衆議院にて修正・可決、同年6月に参議院にて可決・成立、同月27日に公布されました。
  この法律により、平成25年4月1日から、従来の「障害者自立支援法」を「障害者総合支援法」とするとともに、障害者の定義に難病等を追加し、平成26年4月1日から、重度訪問介護の対象者の拡大、ケアホームのグループホームへの一元化などが実施されます。

  詳しくは以下の厚生労働省ホームページをご覧ください。
  http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/shougaishahukushi/sougoushien/(別ウィンドウで外部サイトへリンク)

平成25年4月から難病等の方々が障害福祉サービス等の対象となりました

  平成25年4月に施行の障害者総合支援法では、障害者の範囲に難病等の方々が加わりました。

  対象となる方々は、身体障害者手帳の所持の有無に関わらず、必要と認められた障害福祉サービス等の受給が可能となります。

  啓発リーフレット(PDF:161KB)

  詳しい手続き方法などについては、以下の高島市担当窓口までお問い合わせください。

   (問い合わせ先)
    高島市健康福祉部障がい福祉課 TEL:0740-25-8516

 

 

  障害者の範囲への難病等の追加については、平成25年2月12日に厚生労働省が自治体担当者会議を開催しました。会議資料については、以下の厚生労働省ホームページで確認できます。

  http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/shougaishahukushi/kaigi_shiryou/(別ウィンドウで外部サイトへリンク)

 

リハビリ対策

  湖西地域では、障害を持っても住み慣れた地域で生活していけるように、急性期から維持期までの一貫したサービスが受けられるように、関係者の研修や話し合いをして、地域に必要なサービスやネットワークづくりをすすめています。

 

福祉用具(自助具)

  福祉用具(自助具)は、身体が不自由になり日常生活の中で不便に感じていることや、人の手を借りないとできないことを、少しでも楽にご自身でできるように、その方に合わせて工夫して作られた道具のことです。
  例えば、お箸、スプーン、つめ切り等食事や身だしなみに関するものから、趣味、仕事、コミュニケーションなど普段の生活のあらゆる場面で使う道具があります。 
  管内には、「ほほえみ工房」という自助具製作ボランティアグループがあり、一人ひとりに合わせた自助具の検討や製作をしています。 
  お困りのことがありましたら、ご相談ください。

  ほほえみ工房 
  住所  〒520-1214  高島市安曇川町末広四丁目15 
  電話・FAX  0740-32-2120

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

滋賀県高島健康福祉事務所 

電話番号:0740-22-2505

ファックス番号:0740-22-5693

メールアドレス:ea35@pref.shiga.lg.jp