文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > 県政情報 > 広報 > 県政eしんぶん(報道資料) > 2018年9月14日号 > 滋賀県平和祈念館の企画展示が新しくなります!

ここから本文です。

県政eしんぶん報道資料

公開日:2018年9月14日

滋賀県平和祈念館の企画展示が新しくなります!

第21回企画展示「戦場より故郷の家族へ  -戦没者の手紙-」

  昭和の時代の戦争では、日本は総力をあげて完遂をめざしました。通常は20歳になったばかりの人が軍隊に入りますが、この戦争では20歳代なかば以上の人も動員しました。すでに一度戦争へいった経験のある人も二度、三度と出征しなくてはならなかったのです。結婚して幼い子どもがいた人、大黒柱として家族をささえていた人、そしてあと取りとして期待されていた人。こうした家族を持った方々が戦場へかり出されたのです。

  彼らは故郷に残してきた家族を気づかい、家族は戦場にいる夫や息子の健康と安否を心配して、多くの手紙をやり取りしています。今回は戦場で亡くなられた方を中心にして、彼らが故郷へ書き送った手紙を紹介します。 

期間:9月30日(日曜日)~12月24日(月曜日)

休館日:月・火(祝日にあたる場合は開館)、その他業務の都合等で休館することがあります。

場所:滋賀県平和祈念館 企画展示スペース

  • 学芸員による展示案内  10月6日(土曜日)    13時30分~

第21回企画展示チラシ(PDF:1,634KB)

地域交流室での展示(当館地域交流室では、以下の展示を行います。)

  • 「戦時中の体験 触れる 感じる そして考える」

            日時:開催中~12月24日(月曜日)

戦争体験を聞く会(予定)

  • 日時:9月16日(日曜日) 13時30分~15時

           「福知山歩兵第20聯隊に入隊 ~中国での通信兵の体験~」

           語り部  丸岡  重男さん(大正13年生まれ、東近江市在住)

  • 日時:10月14日(日曜日) 13時30分~15時

           「海軍航空技術廠での徴用体験や津の空襲の様子」 

           語り部  鶴房  正三さん(昭和3年生まれ、東近江市在住)

  • 日時:11月11日(日曜日) 13時30分~15時  

           「上田上での日本機墜落を目撃  焼夷弾投下の当時の様子」

           語り部  東郷  正文さん(昭和12年生まれ、大津市在住)

  • 場所:滋賀県平和祈念館 2階研修室(いずれも)
  • 定員:80名(事前申込不要・当日先着順)(いずれも)

戦争体験を聞く会(9月~11月)(PDF:693KB)

映画上映会(予定)

  • 日時、内容:

          9月30日(日曜日) 13時30分~    ドラマ「紅白が生まれた日」(72分)          

          10月28日(日曜日) 13時30分~  「父と暮らせば」(99分) 

          11月25日(日曜日) 13時30分~  「人間の翼」(135分)

          12月23日(日曜日) 13時30分~  「東京物語」(135分) 

  • 場所:滋賀県平和祈念館 2階研修室(いずれも)
  • 定員:80名(事前申込不要・当日先着順)(いずれも)

映画上映会(10月~3月)チラシ(PDF:621KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

滋賀県平和祈念館 

電話番号:0749-46-0300

ファックス番号:0749-46-0350

メールアドレス:heiwa@pref.shiga.lg.jp