文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > 県政情報 > 広報 > 県政eしんぶん(報道資料) > 2017年12月1日号 > 平和学習講座「戦争遺跡分布調査報告会」を開催します。

ここから本文です。

県政eしんぶん報道資料

公開日:2017年12月1日

平和学習講座「戦争遺跡分布調査報告会」を開催します。

平和学習講座「戦争遺跡分布調査報告会」を開催します。

滋賀県平和祈念館では、下記のとおり「戦争遺跡分布調査報告会」を開催します。ぜひご参加ください。

1.開催日時

第1回:平成29年(2017年)12月17日(日曜日)

第2回:平成30年(2018年)1月21日(日曜日)

第3回:平成30年(2018年)2月18日(日曜日)

各回とも13時30分~15時

2.内容

第1回

平成29年

12月17日(日曜日)

大津陸軍墓地が語る兵士のすがた  -日清戦争期を中心にして-』

講師  辻川  哲郎  氏(公益財団法人滋賀県文化財保護協会)

大津陸軍墓地は、明治以来昭和45年にいたる間の大津連隊の戦死者・戦病死者等を葬った墓地です。残された多くの墓碑を手掛かりに、特に日清戦争期の兵士のすがたをたどってみます。

第2回

平成30年

1月21日(日曜日)

『滋賀県に残る日本陸海軍の施設  -大津海軍航空隊-』

講師  神保  忠宏  氏(公益財団法人滋賀県文化財保護協会)

滋賀県内に残る日本陸海軍の施設のうち、比較的当時の施設が残る旧大津海軍航空隊について調査を行いました。その成果や残された資料、今も残る痕跡から当時のすがたの再現を試みます。

第3回

平成30年

2月18日(日曜日)

『滋賀県戦争遺跡の調査から』

講師  中井  均氏(滋賀県立大学教授)

『米原機関車避難壕の測量調査』

講師  杉山  佳奈氏(滋賀県立大学大学院生)

昨年度、滋賀県平和祈念館の委託事業として、県内に残る戦争遺跡の分布調査を実施しました。滋賀県では八日市飛行場の掩体壕が有名ですが、今回の分布調査ではそれ以外にも多くの戦争遺跡の残されていることが明らかになりました。今回の講座ではそうした戦争遺跡を紹介したいと思います。また、米原市に残る機関車避難壕では学生による測量調査をおこないました。その成果も紹介します。

 

4.会場

滋賀県平和祈念館 2階 研修室(東近江市下中野町431番地)

5.受講料

無料

6.定員

各回80名(当日先着順)

※各回のみの受講も可能です。

 

(チラシ)平和学習講座「戦争遺跡分布調査報告会」(PDF:345KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

滋賀県平和祈念館 

電話番号:0749-46-0300

ファックス番号:0749-46-0350

メールアドレス:heiwa@pref.shiga.lg.jp