文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > くらし・文化 > 生活衛生・動物愛護 > 動物愛護(ペット) > 「滋賀県猫と共に生きるためのガイドライン」について

ここから本文です。

更新日:2016年1月4日

「滋賀県猫と共に生きるためのガイドライン」について

近年、地域で飼い主の不明な猫に餌を与えたことから、猫が増えてしまい、糞害などの苦情に結びついているケースが増加しています。

猫は犬と違い、登録義務やつないで飼う義務が法的に規定されていないことから、飼い猫とそうではない猫との区別がつきにくく、行政による指導が困難であるため、根本的な解決策が見いだせないという現状があります。

本ガイドラインは、地域で人と猫が共生していくためにどのようなアプローチをすべきかをとりまとめました。

まずはこちらの「猫について」のページをお読みいただき、猫問題に悩んでおられる地域の方々からの要望がありましたら、動物保護管理センターが地域の協議等の場におうかがいし、問題解決の支援をします。

 

「滋賀県猫と共に生きるためのガイドライン」(PDF:2,175KB)

  

猫問題の解決のためには、地域自らの主体的な取り組みが不可欠です

猫は飼い主がいるかどうかの判別が困難であり、一口に「飼い主のわからない猫による苦情」と言っても、状況はさまざまです。

まずは猫の適正な飼養について理解し、問題解決のためにどういう方法があるか、地域で合意を図る必要があります。

 

餌を与えなければ問題は解決するのではないでしょうか?

答えはノーです。

猫は野生動物ではありません。人間の近くで餌や寝床を与えられて生活する動物です。従って、飼い主がわからない猫に餌をやる行為を禁止することは好ましくありません。おなかがすいた猫がゴミや畑を荒らしたり、栄養不足で猫が病気になったりして、地域の生活環境をよけいに悪化させるおそれがあります。

また、地域の猫がやせ細っていくのは動物愛護の観点からも好ましいことではありません。

 

 餌を与えている猫をすべて家の中に入れればいいのではないでしょうか?

それも答えはノーです。 

子猫の頃から家で飼われていればよいのですが、外で繁殖して大きくなった猫は人になつきにくく、飼い猫として家の中に入れることは非常に困難です。

もちろん、猫にとっては外の環境は過酷なものであり、家の中で飼われる方がはるかに幸福です。しかし、外暮らしの猫を無理矢理保護して家の中に入れることは、人にも猫にもストレスがかかるため、実現は困難です。

 

それでは、どのようにすればよいのでしょうか?

まずは飼い猫を飼い主が適正に飼養するとともに、飼い主のわからない猫については、地域で適正に管理する必要があります。

猫は繁殖力が強く、ただ餌を与えているだけで不妊措置を執らずにいると、1年に3回くらい子供を産んで、あっという間に増えてしまいます。

増えすぎた猫は隣近所の迷惑となり、人間関係を悪化させ、人と猫の双方にとって住みにくい地域環境になってしまいます。

まずは、地域の猫すべてに不妊・去勢手術を実施し、地域でルールを作って適正な管理を行うことが大切です。 

 

具体的にはどのように対策を進めればよいのでしょうか?

地域で猫問題に取り組みたいとお考えの自治会等がありましたら、自治会等を通じて動物保護管理センターにご相談ください。

地域で協議の場を持ち、次の事項に承諾いただいた場合、動物保護管理センター、市町担当部署、滋賀県動物愛護推進員や各ボランティア等と連携し、不妊・去勢手術の負担を軽減するアドバイス等、地域で猫とうまくつきあっていくための支援をします。

 

  1. 猫問題解決のために地域全体で取り組むことの合意があること。
  2. 飼い猫・飼い主のわからない猫、すべてについて不妊・去勢手術を行うこと。
  3. 不妊・去勢手術が終わり、これ以上増える心配がなくなった猫について地域で管理を行うこと。

 

環境省関連パンフレット

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

滋賀県動物保護管理センター 

電話番号:0748-75-1911

ファックス番号:0748-75-4450

メールアドレス:el31@pref.shiga.lg.jp