文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > 環境・自然 > 環境 > 環境保全施策 > 環境行政の総合的な推進(第四次滋賀県環境総合計画)

ここから本文です。

更新日:2015年11月18日

環境行政の総合的な推進(第四次滋賀県環境総合計画)

滋賀県環境基本条例

滋賀県は、平成8年(1996年)3月に環境基本条例を制定しました。この条例では、環境保全に関する基本理念を定め、また、県民、事業者および県の責務を明らかにするとともに、環境保全に関する施策の基本となる事項を定めて、環境保全に関する施策を総合的かつ計画的に推進します。

第四次滋賀県環境総合計画

滋賀県は、滋賀県環境基本条例第12条に基づき、平成9年(1997年)9月に「滋賀県環境総合計画」を策定し、環境保全に関する施策を総合的かつ計画的に推進してきました。その後、法令や社会情勢の変化を踏まえながら5年ごとの見直しを行い、今回、平成26年(2014年)10月に「第四次滋賀県環境総合計画」を策定しました。

  「第四次滋賀県環境総合計画」では、第三次計画に掲げた将来の姿「持続可能な滋賀社会」と2つの長期的目標である「低炭素社会の実現」および「琵琶湖環境の再生」を基礎としながら、環境を取り巻く状況の変化や東日本大震災を契機とした、県民などの環境に対する意識変化などを踏まえつつ、目指すべき将来の姿を“「めぐみ豊かな環境といのちへの共感を育む社会」の実現~子や孫の世代まで幸せや豊かさを実感できる安全・安心な環境の創造”としました。

第四次滋賀県環境総合計画の概要

第四次滋賀県環境総合計画

   ※サイズが大きいため、ファイルを3つに分割して掲載しています。

「淡海のくらし~環境への心づかい~」第四次環境総合計画(別冊)

 

「第四次滋賀県環境総合計画(素案)」に対して提出された意見・情報とそれらに対する滋賀県の考え方

滋賀の環境(環境白書)

 滋賀県は、滋賀県環境基本条例第9条に基づく環境状況等に関する報告を「環境白書」として発行しています。

滋賀県琵琶湖環境科学研究センター

滋賀県では、琵琶湖の総合保全や複雑・多様化する環境問題に的確に対応するため、琵琶湖と本県の環境に関する総合的な試験研究機関として、滋賀県琵琶湖環境科学研究センターを設置しています。

 

○平成23年度〜平成25年度の中期目標および中期計画

 

○平成20年度〜平成22年度の中期目標および中期計画

 

○平成17年度〜平成19年度の中期目標および中期計画

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

滋賀県琵琶湖環境部環境政策課

電話番号:077-528-3353

ファックス番号:077-528-4844

メールアドレス:de00@pref.shiga.lg.jp