文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > 県政情報 > 広報 > 県政eしんぶん(報道資料) > 2017年7月26日号 > 立命館大学体育会との協働により1,150人でオオバナミズキンバイ等を駆除します

ここから本文です。

県政eしんぶん報道資料

公開日:2017年7月26日

立命館大学体育会との協働により1,150人でオオバナミズキンバイ等を駆除します

近年、琵琶湖や瀬田川ではオオバナミズキンバイやナガエツルノゲイトウなどの侵略的外来水生植物の分布範囲と生育面積が拡大しており、大きな問題となっています。今回は、立命館大学体育会との協働により、同会に所属する学生約1,150人の皆様と大津湖岸なぎさ公園(サンシャインビーチ周辺)でのオオバナミズキンバイ等の一斉駆除を実施します。

本活動は、立命館大学体育会の皆様によるボランティア活動を滋賀県が支援することで、琵琶湖における侵略的外来水生植物問題の周知を図るとともに、琵琶湖の環境保全へ関心を持っていただくことを目的としています。

日時

平成29年8月2日(水曜日)  15時00分~16時45分

場所

大津湖岸なぎさ公園(サンシャインビーチ周辺)

〒520-0811  滋賀県大津市由美浜

概要

立命館大学体育会との協働により、湖岸に繁茂しているオオバナミズキンバイおよびナガエツルノゲイトウの駆除を行う。

参加者

立命館大学体育会所属学生  約1,150名

主催

立命館大学体育会本部

共催

滋賀県

その他

1.雨天・荒天時は中止となります。

2.活動の実施にあたり、これまでからオオバナミズキンバイ等の駆除に取り組んでいるNPO法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)のご協力をいただいております。

3.今回の協働駆除活動に係る道具などの購入にあたっては、「マザーレイク滋賀応援寄附」を活用しております。琵琶湖の自然を次の世代に引き継ぐため、大切に使わせていただきます。

 

立命館大学体育会とは

立命館大学の男子・女子陸上競技部やアメリカンフットボール部を含む56の団体から構成されており、競技力向上はもとより、スポーツの普及や地域スポーツの発展、地域振興に向けて、積極的に地域・社会との連携に取り組んでいる。約3,000人の学生が所属。

お問い合わせ

滋賀県琵琶湖環境部自然環境保全課生物多様性戦略推進室

電話番号:077-528-3483

ファックス番号:077-528-4846