文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > 県政情報 > 広報 > 県政eしんぶん(報道資料) > 2017年10月10日号 > 生きもの総合調査20周年記念フォーラム「滋賀の生物多様性の現状と課題」を開催します

ここから本文です。

県政eしんぶん報道資料

公開日:2017年10月10日

生きもの総合調査20周年記念フォーラム「滋賀の生物多様性の現状と課題」を開催します

 

    滋賀県では、1997年度から始めた「生きもの総合調査」が20周年を迎え、その調査結果をまとめた『滋賀県で大切にすべき野生生物~滋賀県レッドデータブック2015年版』では、絶滅を危惧される掲載種は1,439種にも及び、既に県内から絶滅した種も15種となっています。

    こうした厳しい現状にある滋賀県の野生動植物に対する理解と関心を深めてもらうために、「滋賀の生物多様性の現状と課題」と題し「生きもの総合調査20周年記念フォーラム」を下記のとおり開催します。

日時

平成29年(2017年)10月29日(日曜日)13時から17時15分

場所

滋賀県立琵琶湖博物館ホール(草津市下物町1091)

主催

滋賀県生きもの総合調査委員会(※)、滋賀県

内容

別紙チラシのとおり

フォーラムチラシ(PDF:1,127KB)

参加費

無料(博物館駐車場ご利用の方には無料券をお渡しします)

申込み

不要(会場先着200名)

取材

可能です

 

 

※滋賀県生きもの総合調査委員会:小林圭介氏(滋賀県立大学名誉教授)を会長とし、植物部会・哺乳類部会・鳥類部会等9つの専門部会からなり85名の専門家である調査員が所属している。県からの委託を受け1997年度から毎年「生きもの総合調査」を継続して実施している。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

滋賀県琵琶湖環境部自然環境保全課生物多様性戦略推進室

電話番号:077-528-3483

ファックス番号:077-528-4846