文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ここから本文です。

更新日:2015年9月30日

上下流連携による森づくりについて

滋賀県の森林は琵琶湖および淀川水系の水源であり、下流域の都市部にある京都府、大阪府の人々に水を供給している元でもあります。滋賀県では、県内の森林所有者と下流の市民団体、ボランティア等との上下流連携による森づくりを活性化し、水源である森づくりの重要性を県内外で理解をしていただき、取り組みをすすめていこうとしています。

下記は、滋賀県外の方が、「水源」の森として県内の森林を整備されている事例を掲載しています。
今後さらに、県内の団体や地元の方々と一緒に活動を発展させていこうとがんばっている団体です。
ぜひ、活動に参加していただき、「上下流協働」の森づくりをすすめていきましょう!

1.NPO法人 自然と緑 2.NPO法人 日本森林ボランティア協会

事例

(1) NPO法人 自然と緑
大津市北小松で、「大阪市水道局の森」の整備などを行っている、大阪の団体です。
(2) NPO法人 日本森林ボランティア協会
米原市醒ヶ井の霊仙山で森林整備を行っている、大阪の団体です。「やまんばの会」との連携も。

お問い合わせ

滋賀県琵琶湖環境部森林政策課

電話番号:077-528-3918

ファックス番号:077-528-4886

メールアドレス:dj00@pref.shiga.lg.jp