文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > 県政情報 > 広報 > 県政eしんぶん(報道資料) > 2018年11月9日号 > 平成30年度「ふれあいの森林づくり」において「油日・上野共有生産森林組合」が国土緑化推進機構理事長賞を受賞

ここから本文です。

県政eしんぶん報道資料

公開日:2018年11月9日

平成30年度「ふれあいの森林づくり」において「油日・上野共有生産森林組合」が国土緑化推進機構理事長賞を受賞

受賞概要

    公益社団法人国土緑化推進機構では、都市住民の森林づくりへの参画等により国民が一体となって森林を守り育てることを目的とする「ふれあいの森林(もり)づくり」の発展に資するため、緑化の推進に顕著な実績をあげた団体の表彰を行っていますが、このたび滋賀県から「油日・上野共有生産森林組合」が選ばれ、国土緑化推進機構理事長賞を受賞されることになりました。

    受賞団体は、平成30年11月18日(日曜日)に東京都で開催予定の「第42回全国育樹祭」において表彰されます。

受賞団体の功績概要

    当組合は、企業と連携して森づくりを進める「琵琶湖森林づくりパートナー協定」に基づき、「生活協同組合コープしが(以下「コープしが」という。)」と協定を締結し、琵琶湖水源の整備を進めています。

    「琵琶湖森林づくりパートナー協定」の締結により、当組合はコープしが職員や都市部の組合員等のボランティア参加により森林づくりや交流を行っており、間伐体験や枝打ちロボットを用いた枝打ち体験への参加をとおして、都市部の参加者の森林・林業への理解や環境保全への関心を高めています。

    また、「『コープの森あぶらひ』どんぐりプロジェクト」として、ポット苗を1年間コープしが組合員が家庭で栽培し、その後にコープしがおよび当組合が共同で植栽を行い、クヌギ林の造成を行う活動を進めています。植栽後の管理についても、都市部からの参加者と協働で肥料まきを行うなど、継続的な森林づくりが進められており、都市住民の森づくりへの参画や緑化の推進への功績が大きいとして、今回の受賞に至りました。

 

お問い合わせ

滋賀県琵琶湖環境部森林政策課 

電話番号:077-528-3911

ファックス番号:077-528-4886

メールアドレス:dj00@pref.shiga.lg.jp