文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > 県政情報 > 広報 > 県政eしんぶん(報道資料) > 2018年11月9日号 > 平成30年度「全国育樹活動コンクール」において山口 通雄 氏 が林野庁長官賞を受賞

ここから本文です。

県政eしんぶん報道資料

公開日:2018年11月9日

平成30年度「全国育樹活動コンクール」において山口 通雄 氏 が林野庁長官賞を受賞

受賞概要

    公益社団法人国土緑化推進機構では、国土緑化運動の一環として、活力ある森林造成の啓発を図るため「全国育樹活動コンクール」を実施しており、地域の育樹活動に貢献のあった団体または個人を表彰していますが、このたび滋賀県から、長浜市の山口通雄氏が選ばれ、林野庁長官賞を受賞されることになりました。

    受賞者は、平成30年11月18日(日曜日)に東京都で開催予定の「第42回全国育樹祭」において表彰されます。

受賞者の功績概要

    山口氏は「タロウエモンスギ」の挿し木苗の生産から植栽、保育までを自力で行っている現在では唯一の方であり、「タロウエモンスギ」の保存および技術の伝承に寄与しています。

    自ら生産した山行き苗を所有森林内の無立木地となった箇所に植え、シカ食害防止ネットを設置するほか、適期に枝打ちを行い、剥皮害防止テープを巻くなど、良木の生産にも努めており、熱心に山に向き合う姿勢は地域の他の林家の手本ともなるなど、地域への貢献が評価され、今回の受賞に至りました。

 

※ タロウエモンスギ

一般的なスギに比べ枝が細く、耐雪性がある、長浜市谷口町に自生するスギ。谷口町における林業は、択伐施業の「谷口林業」でも知られており、植栽には挿し木品種の「タロウエモンスギ」の山行き苗が用いられてきたが、近年は伐採を行う林家が無く、自家育苗を行う人も数人となっている。

参考 : 滋賀県谷口林業(PDF:698KB)

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

滋賀県琵琶湖環境部森林政策課 

電話番号:077-528-3918

ファックス番号:077-528-4886

メールアドレス:dj00@pref.shiga.lg.jp