文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > 環境・自然 > 自然・動植物 > 森林保全 > 西部・南部森林整備事務所

ここから本文です。

更新日:2014年4月22日

西部・南部森林整備事務所

県政eしんぶんからの情報

現在、県政eしんぶんからの情報はありません。

最新情報

現在、最新情報はありません。

西部・南部の森林

 

森林分布図

滋賀県西部・南部森林整備事務所(高島支所管内を除く)は大津市、草津市、栗東市、守山市、野洲市を管轄しています。当管内は、滋賀県最大の人口を有す都市部を比良、比叡、田上、金勝の山々が取り囲んでおり、都市部と森林がとても近くに共存している地域です。管内の総面積72,065haの内、森林面積は28,969haであり、区域全体に占める森林の割合は40%となっており、県平均の50%より低くなっています。

大津市葛川地域や大石地域ではスギ林が多く、その他の地域ではヒノキ林の割合が高くなっています。その他にも比叡山延暦寺や三井寺、石山寺などが所有する山林が2,300haと森林面積の約8%を占めていることが、管内の大きな特徴となっています。

また、管内には森林体験活動を行える施設が充実しており、憩いの場として多くの県民に利用されています。

森林風景

仕事と役割

西部・南部森林整備事務所(本所)<旧称 大津林業事務所>の管轄地域
大津市、草津市、守山市、栗東市、野洲市
連絡先  

住所〒520-0807

          大津市松本一丁目2番1号

ファックス 077-523-1831

メール dj35@pref.shiga.lg.jp
担当名 業務内容

林業振興担当

電話077-527-0655   -0656

林業普及指導に関すること 琵琶湖森林づくり事業に関すること 野生鳥獣に関すること 保安林・林地開発に関すること

森林整備担当

電話077-527-0657

治山事業に関すること 林道事業に関すること
※高島市は、西部・南部森林整備事務所高島支所の管轄となります。

当事務所では、琵琶湖森林づくり基本計画に基づき、森林の持つ多面的な機能を生かすために、次の様な施策を推進しています。

  1. 森林を守る
    森林は、土砂の流出や崩壊を防止する働きがあり、私たちの生活を守るため、災害に強い森林作りを行っています。
  2. 森林を育てる
    森林の多面的な公益的機能を高めるため、間伐、保育を行うことにより、健全な森林の造成を推進しています。
  3. 森林の恵み
    森林は、野生鳥獣のすみかでもあり、多種多様な林産物を生み出し、私たちの生活を豊かにしてくれています。
    なかでも木材は、再生産可能な資源であり、木材の利用を推進し循環社会の実現を目指しています。

林家通信「大津・南部の森づくり」

林家通信は、地域の森林・林業の最新情報をまとめて、毎年4~6回発行しています。

最新号  
大津南部の森づくり十二号

PDF 第12号<平成25年9月5日発行>(PDF:849KB)

大津の森づくりを考える会の発足/タワーヤーダ研修/琵琶湖森林づくりパートナー協定での森林保全活動/中日本入会林や研究大会の開催

バックナンバー はこちら

林業技術普及カード

主な林業技術をB6サイズ両面にまとめ、現場でも使えるようにカード化しています。

    PDF No1「適正な間伐のために!」<通称「スイカの絵」(Sr値版)>)(PDF:1,674KB)

    PDF No2「適正な間伐のために!」<通称「スイカの絵」(樹間距離版)>(PDF:1,757KB)

参考

    PDF「スイカの絵」の使い方(PDF:20KB)

    PDF No4「作業システム検索表」(PDF:1,179KB)

    PDF No5「列状間伐のすすめ!」(PDF:1,571KB)

滋賀日産リーフの森(県民の森)

 昭和50年(1975年)に滋賀県で開催された全国植樹祭会場が滋賀日産リーフの森(県民の森)として利用されています。

県民の森では、森林・林業に関するイベントの他、子どもたちの遠足や家族連れでの憩いの場として利用され、森林やみどりにふれあう場となっています。 

概要

施設名          滋賀日産リーフの森(県民の森) 県民の森地図
所在地          滋賀県栗東市荒張1-11、観音寺564-3 
設置目的

県民の愛林思想の高揚をはかり、国土緑化の推進に寄与するために開催された全国植樹祭の目的を再認 識し、これまで以上に森林の重要性を深め、関心を高める場とするとともに、「琵琶湖森林づくり条例」の基本理念の実現に向け、公益的機能の高度発揮に重点を置いた環境配慮の森林づくりと、広く県民の参加による県民協働の森林づくりを推進する場として活用する。

開館(設置)     昭和50年
面積               敷地面積 149,186平方メートル

主な施設・規模     

山小屋、あずまや、公衆トイレ、駐車場、芝生広場(約20,000平方メートル)

 

県民の森全景

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。