文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ここから本文です。

更新日:2017年3月7日

里山リニューアル事業

森林所有者の皆様へ環境を重視した森林づくり

4里山リニューアル事業〈市町が実施〉

目的
 

荒廃している里山を手入れして、地域住民等が森林に親しみ利用できる場所にします。

実績については、こちらをご覧ください。

 
 
4-1

里山リニューアル事業〈市町が実施〉

  ● 事業内容 市町・森林所有者・維持管理者で結ばれる協定※1に基づき、地域住民等に開放することを条件に、枯損木等の除去・竹林の整備・野生獣の生息防止を目的とした緩衝帯整備などの森林整備を支援します。
  ※1 協定の内容 協定期間5年以上、区域、維持管理方法、地域住民等への開放と活用の促進、転用の制限など
  ● 対象森林

利用されず、松枯れや竹の侵入などで荒廃した里山(里山整備タイプ)
利用されず荒廃し、集落等に隣接し野生獣の生息場所となっている里山(緩衝帯整備タイプ)

  ● 補助率 10分の10以内(補助金上限額  haあたり70万円)
4-2

里山防災整備事業〈市町が実施〉

  ● 事業内容 市町・森林所有者・維持管理者で結ばれる協定※1に基づき、防災機能の低下した里山について、危険木の切り倒し、簡易防災施設の設置などの森林整備を支援します。
  ※1 協定の内容 協定期間5年以上、区域、維持管理方法、転用の制限など
  ● 対象森林 利用されず荒廃し、防災機能の低下した里山
  ● 補助率 10分の10以内(補助金上限額  haあたり150万円、ただし森林整備分はhaあたり70万円)

荒廃する里山→里山の環境整備→広く県民が親しみ利用

◎ 森林所有者の皆様へ

事業の趣旨をご理解の上、市町等と協定を締結してください。なお、事業は市町が実施します。

4-3

巨樹・巨木の森整備事業〈市町が実施〉

  ● 事業内容 次世代に残すべき巨樹・巨木林の保全のために、県、市町、森林所有者、保全団体等との間で締結する協定※1に基づき、周辺環境整備や保全活動を支援します。 巨樹・巨木
  ※1 協定の内容 協定期間5年、対象巨樹・巨木林の伐採の禁止など

 ▲当事業で保全された

県内最大のトチノキ

  ● 対象樹木

森林計画区域内にあり、幹回り3m以上(胸高)の広葉樹

 
  ● 補助率 10分の10以内(メニューごとに別途上限あり)  

はじめよう、琵琶湖へつながる、森づくり。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

滋賀県琵琶湖環境部森林政策課

電話番号:077-528-3914

ファックス番号:077-528-4886

メールアドレス:dj00@pref.shiga.lg.jp