文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ここから本文です。

更新日:2015年11月17日

琵琶湖森林づくり事業

琵琶湖森林づくり事業 〜琵琶湖森林づくり県民税で実施する新たな8事業〜 滋賀県の森林・林業施策 (1)陽光差し込む健康な森林づくり事業 (2)長寿の森奨励事業 (3)森林を育む間伐材利用促進事業 (4)里山リニューアル事業 (5)協働の森づくりの情報提供 (6)みんなの森づくり活動支援事業 (7)未来へつなぐ木の良さ体感事業 (8)森林環境学習「やまのこ」事業 奥山-自然林- 環境林-針広混交林- 人工林-植栽地- 里山森林所有者の皆様へ環境を重視した森林づくり
(1) 陽光差し込む健康な森林づくり事業
〜 針葉樹と広葉樹が混じりあった環境林への転換
(2) 長寿の森奨励事業
〜 保水性に富んだ林齢の高い森林への誘導
(3) 森林を育む間伐材利用促進事業
〜 間伐材の搬出と利用
(4) 里山リニューアル事業
〜 里山の環境保全

間伐(かんばつ)とは

手入れされた人工林

間伐とは、木の成長にともなって混みすぎた森林の立ち木の一部を適切な間隔で伐採(ばっさい)することです。間伐された木材を「間伐材(かんばつざい)」と言います。日本の森林の4割を占める人工林を健全に育てるためには、間伐の推進が急務です。定期的に人が手を入れて間伐を行わないと、ひ弱な森林になるばかりか、下草が育たず、土壌が流出し、自然環境のバランスがくずれ、災害の原因ともなります。手入れの行き届いた健全な森林は、森林資源の恵みを与えてくれるばかりか、地球温暖化の原因となるCO2を吸収し、たくわえます。

県民の皆様へ県民協働による森林づくり
(5) 協働の森づくりの啓発事業
〜 森林の大切さの普及啓発
(6) みんなの森づくり活動支援事業
〜 県民の皆さんの森林づくりへの参画促進
(7) 未来へつなぐ木の良さ体感事業
〜 木の温もりや良さを体感する機会の提供
(8) 森林環境学習事業
〜 森林環境学習の推進

→ 森林づくり事業の実績について

→ 森林の種類(カテゴリー区分)と望ましい姿

→ 琵琶湖森林づくり基金への寄附について

お問い合わせ

滋賀県琵琶湖環境部森林政策課 

電話番号:077-528-3914

ファックス番号:077-528-4886

メールアドレス:dj00@pref.shiga.lg.jp