文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ここから本文です。

更新日:2016年5月6日

もっと広く学びたい

 

滋賀の環境が学べるところ

滋賀県では、滋賀県環境学習の推進に関する条例に基づき、持続可能な社会づくりに向けて主体的に行動できる人育てをめざし、環境学習を推進しています。環境学習の一環として行っている「びわ湖フローティングスクール」は毎年4月から翌年2月の間、県内の小学5年生を対象に実施しています。昭和58年(1983年)から始まったこの事業には、これまで44万人を超える子どもたちが参加し、環境を守る心を育んできました。琵琶湖全体が環境を学ぶキャンパスといえます。

「滋賀県立琵琶湖博物館」は、湖と人との関係を過去にさかのぼって研究・調査し、資料を収集・整理し、その成果をもとに県民とともに考え、今後の望ましいありかたを探るための組織として、10年以上にわたる準備を経て、平成8年(1996年)4月に設置され、同年10月に一般公開されました。これは研究施設であり、文化施設であり、生涯学習施設であって、交流と情報のセンターとしても機能するものです。

琵琶湖博物館に設置された「環境学習センター」は、環境保全行動につながる環境学習を推進する拠点として、環境学習の企画サポート・コーディネート、環境学習に関する情報提供を行っております。

琵琶湖博物館環境学習センターが管理する「エコロしーが」は、環境学習の企画やプログラムづくりをするときに役立つ情報を満載しています。学習プログラムの事例、指導者、環境学習ができる施設(フィールド)、ビデオや図書教材などの情報を一元的に提供しています。

 

各種広報媒体

「おしえてうぉーたん!びわ湖のホントのきもち」
「びわ湖の日(7月1日)」の意義や琵琶湖の価値、保全活動等を啓発するための、小学生向けの環境学習教材です。                  

ulotanlogo

 

「もう爺さんの環境絵本」
環境への日々の心づかいがマンガで紹介しています。

「もう爺さんのの環境絵本」

 


「滋賀の環境(環境白書)」
県の環境施策に関する年次報告書です。

 

hyousi 

 
「琵琶湖ハンドブック改訂版」

琵琶湖に関する基本的な情報、専門的な知識、過去の活動、未来の琵琶湖像等をまとめたびわ湖の百科事典です。



「7月1日 びわ湖の日 30周年」DVD(インターネットTV しが)

琵琶湖条例や琵琶湖の変遷などをまとめた「琵琶湖のこれまで」や、琵琶湖を取り巻く様々な課題に関する「琵琶湖の今」、そして今後の琵琶湖の総合保全などについて紹介しています。                                                 

 

Lake Biwa Guidebook

「琵琶湖」や「滋賀の環境」 といった情報を海外に広く発信するツール(小冊子および動画)です。

We have created a (DVD and booklet) tool that transmits widely overseas information such as "environment of Shiga" and "Lake Biwa".

hyousi

  

「びわ湖の日」音声ストーリー

「聴く」ことを通じて、琵琶湖の価値を感じ、自らが琵琶湖について考え、琵琶湖のためにできることを行動するきっかけとなる内容です。

cd

 

関連情報

エコロしーが 「図書・ビデオ・パネル検索」

環境学習の企画やプログラムづくりをするときに役立つ情報を満載しています。

エコロしーが

 

「びわ湖の日」パネル (パネルに寄せられた意見を紹介しています。是非ご覧ください。)

パネルに意見やコメントなどを付箋に書いて貼ることができ、県と県民の皆さまとのコミュニケーションツールとして使用します。 

panel1

 

お問い合わせ

滋賀県琵琶湖環境部環境政策課 

電話番号:077-528-3353

ファックス番号:077-528-4844

メールアドレス:de00@pref.shiga.lg.jp