文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ここから本文です。

更新日:2016年9月20日

びわ湖の日の広がり

 

びわ湖一斉清掃

7月1日「びわ湖の日」は、「滋賀県ごみの散乱防止に関する条例」で5月30日および12月1日とともに「環境美化の日」に定められています。「びわ湖の日」には、県内各地で県民と行政が一体となり「びわ湖を美しくする運動」に取り組んでおり、34年間で延べ560万人以上が参加してきました。

びわ湖を美しくする運動

 

外来植物の駆除

環境美化活動に加え、「地球上で最悪の侵略的植物」とも呼ばれ、湖岸や河川で在来植物の生息域を侵略して生育に影響を及ぼしたり、水流を阻害して水質を悪化させたりするおそれがある特定外来生物ナガエツルノゲイトウの駆除を「びわ湖の日」に合わせて実施しました。「ふるさと滋賀の野生動植物との共生に関する条例」に基づいて実施しています。


特定外来植物ナガエツルノゲイトウの駆除


 

「びわ湖の日」30周年の取組

7月1日を「びわ湖の日」と定めてから平成23年度(2011年度)で30周年を迎え、びわ湖の恩恵を浴する一人ひとりがびわ湖の価値や「びわ湖の日」の意義について考えるきっかけづくりを推進するとともに、これまで行われてきた「びわ湖をきれいにすること」に加え、「豊かなびわ湖を取り戻すこと」そして「びわ湖にもっと関わること」が「びわ湖の日」の取り組みとして広く展開されることを目的に、「びわ湖の日」30周年事業を行いました。

「びわ湖の日30周年の取組   報告書   ~びわ湖とつながる、びわ湖と生きる~」

「びわ湖の日」30周年関連事業

「びわ湖の日30周年記念シンポジウム」
びわ湖のこれまでの取り組みをふりかえり、今後を考える機会として、平成23年7月10日には記念シンポジウムを開催し、写真家・今森光彦さんをお招きし、「里山 未来へおくる風景」をテーマにお話いただきました。今森さんと嘉田知事、そして細谷卓爾さんを交えた鼎談では、里山の魅力や石けん運動、次世代の子どもたちのために私たちにできることなどについて議論されました。また、株式会社平和堂、株式会社伊藤園、東レ株式会社、大津市立逢坂小学校、TANAKAMIこども環境クラブ、ウォーターステーション琵琶の会からそれぞれの環境保全活動について発表いただくとともに、多くの企業、NPO、学校等の協力を得て、パネル展示も行いました。

びわ湖の日30周年関連事業


「びわ湖の日にびわ湖の恵みをいただこう」推進事業

コアユは、夏のびわ湖の代表的な魚です。びわ湖の恵みを食べることは、びわ湖の豊かさや大切さを知ることにつながり、ひいてはびわ湖を守ることにつながります。
そこで、6月から7月にかけて、県内各市町の協力もいただきながら、学校給食にコアユを提供しました。コアユを食べた子どもたちから「びわこにかんしゃしたいとおもいます」、「びわこのこあゆはおいしかったよ」といった感想が寄せられました。

また、各家庭でコアユの佃煮を煮て食べる文化を復活させることを目的に、「びわ湖の日」前の土・日曜日に県内4箇所で漁場直送のコアユ鮮魚の提供、佃煮試食、レシピ配布などを行いました。

「びわ湖の日にびわ湖の恵みをいただこう」推進事業


「びわ湖の日」30周年広報事業

各種メディアを活用し、びわ湖の価値や「びわ湖の日」の意義、「びわ湖の日」30周年関連イベントについて情報発信しました。7月1日には、「滋賀プラスワン7・8月号」と連動させた「びわ湖の日クイズ・イベントガイド」を朝刊の新聞折込で全戸配布しました。また、着ぐるみの「野洲のおっさんカイツブリ」がびわ湖を一周しながら、びわ湖の日30周年をアピールしました。

「野洲のおっさんカイツブリ」がびわ湖一周


「びわ湖の日」30周年ロゴマーク・ポスター

「びわ湖の日」の取り組みを一層推進するため、成安造形大学の協力のもと、「びわ湖の日」30周年ロゴマークおよびポスターを作成しました。

【ロゴ】
ロゴ

 


【ポスター】
ポスター


 

びわ湖の日の広がり

びわ湖を守ろうという思いは、県民、NPO、企業等によるびわ湖の保全活動へと広がっています。

未来ファンドおうみ「びわ湖の日基金」

淡海ネットワークセンターは、市民が市民を支える仕組み「未来ファンドおうみ」にびわ湖の日30周年を記念して「びわ湖の日基金」を開設しました。この基金は、誰もがびわ湖の日に、びわ湖の環境保全活動を応援し、参加できる仕組みで、びわ湖とびわ湖につながる河川、森林、生活にかかわる環境保全活動と調査活動、びわ湖の日に関連した環境保全活動と啓発活動に助成するものです。


「びわ湖の日基金の仕組み」<淡海ネットワークセンターHP>

お問い合わせ

滋賀県琵琶湖環境部環境政策課 

電話番号:077-528-3353

ファックス番号:077-528-4844

メールアドレス:de00@pref.shiga.lg.jp