文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > 環境・自然 > 廃棄物 > 廃棄物対策 > PCBを含有している電気機器が無いか点検を行ってください!

ここから本文です。

更新日:2018年11月27日

PCBを含有している電気機器が無いか点検を行ってください!

 電気室やキュービクルの中に、有害物質であるPCB(ポリ塩化ビフェニル)を含有している変圧器(トランス)やコンデンサーがあるかもしれません。

 PCBを含有している電気機器が見つかった場合、直ちに届出を出してください。

照明器具のPCB使用安定器に関する調査に御協力をお願いします

 PCBを使用している照明器具の安定器(電灯のちらつきを防止する装置)は、平成33年(2021年)3月31日までに全て廃棄処分することが法律で定められています。このため滋賀県では、PCB使用器具を設置または保管されている可能性のある、昭和52年3月以前に建築された建物の所有者様を対象に調査を実施しています。

 対象の方には、封筒で調査票等をお送りしていますので、御協力をお願いします。

 ※調査にあたっての注意事項

 使用中の照明設備は感電等のおそれがありますので、調査はなるべく電気工事業者や専門の調査会社等(建物の維持管理を委託している場合はメンテナンス会社)に相談するなど、安全な方法で実施してください。

1.調査内容(送付する書類)

1.調査票(ワード形式)(ワード:411KB) 調査票(PDF形式)(PDF:276KB)

2.通知文(PDF:104KB)

3.参考資料(PDF:453KB)

(4.返信用封筒)

2.調査方法

 郵送(返信用封筒を同封しています。)

3.回答期限

 平成30年12月21日(金曜日) 期限までの回答が難しい場合は、下記提出先まで御連絡をお願いします。

4.提出先

 滋賀県 琵琶湖環境部 循環社会推進課 廃棄物対策室 廃棄物指導係

 〒520-8577 滋賀県大津市京町四丁目1番1号

 電話 077-528-3473

5.問合せ窓口

1.調査概要(調査全般、調査目的および調査対象の選定根拠等)に関する問合せ先

 滋賀県琵琶湖環境部循環社会推進課 

 電話 077-528-3473 (平日9時から17時)

2.調査票記入方法、PCBに関する事項等についての問合せ先

 公益財団法人産業廃棄物処理振興財団

 専用ダイヤル 0120-907-033 (平成30年12月21日まで、平日10時から17時)

PCBを含む廃棄物を保管している場合、法律に基づき届出が必要です

 事業活動に伴って、PCBを含む電気機器等(変圧器、コンデンサ、家庭用を除く照明用安定器など)を使用または保管しているときは、ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法に基づき届出が必要です。

 また、廃棄物の処理及び清掃に関する法律に基づき、適正に保管、処理する必要があります。

 PCBを含む電気機器等は通常の産業廃棄物として処分することができず、不法投棄や不適正な方法で処分した場合は厳しく罰せられることがありますのでご注意ください。

PCB(ポリ塩化ビフェニル)とは

 PCBは、燃えにくく、電気絶縁性に優れていたため、トランスやコンデンサ等の電気機器の絶縁油等として広く使用されていました。

 しかし、昭和41年以降、世界各地でPCBによる汚染が明らかになり、日本でも昭和43年にはカネミ油症事件が起きるなど、有害であることが判明しました。

 このような状況を踏まえ、昭和47年以降はその製造、輸入等が禁止となりました。

PCBの含有の判断について

その他(各種パンフレット)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

滋賀県琵琶湖環境部循環社会推進課 

電話番号:077-528-3474

ファックス番号:077-528-4845

メールアドレス:df00@pref.shiga.lg.jp