文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > 県政情報 > 広報 > 県政eしんぶん(報道資料) > 2017年10月18日号 > 産業廃棄物処理業者に対する行政処分について

ここから本文です。

県政eしんぶん報道資料

公開日:2017年10月18日

産業廃棄物処理業者に対する行政処分について

廃棄物の処理及び清掃に関する法律(昭和45年法律第137号。以下「法」という。) 第14条の3の2第1項の規定に基づき、次のとおり産業廃棄物収集運搬業の許可の取消しを行いましたのでお知らせします。

1  被処分者

  (1)名称及び代表者の氏名:株式会社博清組  代表取締役  内田  一夫

  (2)所在地:奈良県磯城郡田原本町大字金剛寺87番地の1

2  処分の内容

  産業廃棄物収集運搬業の許可の取消し

3  取り消す許可の内容

  ・許可番号  第02501168483号

  ・許可期限  平成29年11月20日

  ・産業廃棄物の種類  汚泥(無機性汚泥に限る)  (以上1項目)

4  処分の年月日

  平成29年10月18日

5  処分の理由

  被処分者である株式会社博清組は、平成29年9月27日に大阪府知事により産業廃棄物収集運搬業の許可の取消処分を受けた。大阪府からの当該処分通知により被処分者の役員が、葛城簡易裁判所において刑法 (明治40年法律第45号)第204条(傷害)の罪により罰金刑に処せられ、平成28年2月2日に刑が確定したことが判明した。このことは、法第7条第5項第4号ハに該当する。これにより被処分者は、法第14条第5項第2号ニに該当するに至ったことから、許可を取り消さなければならない場合である法第14条の3の2第1項第4号の規定に該当するため。

【参考】法では、法に従った適正な業を遂行することが期待できないものを類型化して排除するため、いわゆる欠格要件(法第7条第5項第4号、法第14条第5項第2号等)が示されています。申請者がこれに該当する場合には知事は許可をしてはならない、あるいは既に許可を有する者については許可を取り消さなければならないと規定されています。

お問い合わせ

滋賀県琵琶湖環境部循環社会推進課廃棄物対策室

電話番号:077-528-3473

ファックス番号:077-528-4845

メールアドレス:df00@pref.shiga.lg.jp