文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > 環境・自然 > 環境保護活動 > 環境保全・美化活動の支援 > 買い物ごみ減量推進フォーラムしがの取組状況について

ここから本文です。

更新日:2016年2月22日

買い物ごみ減量推進フォーラムしがの取組状況について

「買い物ごみ減量推進フォーラムしが」は、事業者、県民団体、行政が連携・協力して、買い物に伴って生じるごみの減量や資源化の推進に取り組んでいます。

〈平成21年度〉

◎「買い物ごみ減量推進フォーラムしが」発足(6月)

・買い物によって生じるごみの削減を目的として設置

・先ず身近な取組として、レジ袋削減の取組について検討し、県内一斉でのレジ袋無料配布中止の実施について協議を行った。

・5回の全体会議のほか、事業者の分科会を開催したが、一部の事業者の不参加により、県内一斉でのレジ袋無料配布中止の実施については延期となった。

〈平成22年度〉

「滋賀県容器包装削減宣言」(11月22日)

・容器包装削減を強化する取組を実施するため、「滋賀県容器包装削減宣言」を採択

・各事業者が平成24年度末までの容器包装の削減目標を設定し、任意の方法によって積極的に取組を行うとともに、これを県民団体および行政が実践や広報等によって支援することを、事業者、県民団体および行政が一同に表明した。

〈平成24年度〉

◎「レジ袋削減の取組に関する協定の締結」(2月15日)

・事業者分科会および3回の全体会議を実施し、容器包装削減目標の進捗状況と課題について協議を行い、レジ袋無料配布中止の実施に向けた検討を進めた結果、平成25年4月1日からレジ袋無料配布を中止する取組実施の合意に至った。

・事業者、県民団体ならびに行政が協力してこの取組を進めていくため、レジ袋削減の取組に関する協定を締結。

・2月16日から3月31日にかけて、29店舗の店頭において、レジ袋無料配布中止の取組について周知する啓発キャンペーンを実施した。

〈平成25年度〉

 ◎「レジ袋無料配布中止」を県域で一斉に実施(4月)

・本協定に基づきレジ袋の無料配布を中止している事業者におけるレジ袋平均辞退率は、4月86.1%、7月87.9%、12月88.8%、平成26年3月89.2%を達成した。

◎第2次レジ袋削減協定者によるレジ袋削減の取組を実施(10月)

・食品スーパー以外の業種へも取組を拡大した。

〈平成26年度〉

 ◎環境にやさしい買い物キャンペーンにコンビニエンスストアが参加

・食品スーパー以外の業種の店舗でも啓発キャンペーンを実施した。

 

 

 レジ袋削減の取組に関する協定に基づきレジ袋の無料配布を中止している事業者におけるレジ袋平均辞退率

平成25年

平成26年

平成27年

3月

4月

7月

12月

3月

5月

12月

3月

51.6%

86.1%

87.9%

88.8%

89.2%

89.5%

89.2%

89.6%

 

お問い合わせ

滋賀県琵琶湖環境部循環社会推進課 

電話番号:077-528-3472

ファックス番号:077-528-4845

メールアドレス:df00@pref.shiga.lg.jp