文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > 県政情報 > 広報 > 県政eしんぶん(報道資料) > 2017年3月17日号 > 滋賀県水環境技術/サービスデータベース(S-WETS)の登録開始について

ここから本文です。

県政eしんぶん報道資料

公開日:2017年3月17日

滋賀県水環境技術/サービスデータベース(S-WETS)の登録開始について

このたび、県内企業等が有する技術等を収集・発信することを目的とした「滋賀県水環境技術/サービスデータベース」(S-WETS:Shiga Water Environment Technologies/Services Database)(以下、「S-WETS」といいます。)を開発し、情報登録の受け付けを開始いたしました。

S-WETSは、平成29年4月中の運用開始を予定しています。

 

 

滋賀県では、琵琶湖という大きな閉鎖性水域の水環境保全に取り組みながら、全国屈指の「モノづくり県」として経済発展を遂げてきました。この産官学民で取り組んできた経験を「琵琶湖モデル」とし、その中で蓄積された多くの技術・ノウハウを生かし、水環境ビジネスに取り組む企業のビジネス展開を支援することを目的として、平成25年(2013年)3月に「しが水環境ビジネス推進フォー ラム」を設立しました。

 

下水道関連では、下水処理を中心とした水環境技術の分野において、県内企業等が進める新技術開発や開発された新技術の普及を支援することを目的とした「新技術開発等支援事業」を実施しており、その拠点として「淡海環境プラザ」(草津市矢橋町、矢橋帰帆島内)を平成25年(2013年)4月に設立しました。

このたび、この「新技術開発等支援事業」の一環として、これまで蓄積した技術や新たに開発された技術等の情報を収集し、提供することを目的とした「滋賀県水環境技術/サービスデータベース」(S-WETS)を開発し、情報登録の受け付けを開始いたしました。

「新技術開発等支援事業」では、これまでも企業や大学等の持つ技術を「淡海環境プラザ」の「ショーケース(技術展示)」(平成29年3月現在26件)等により紹介し、その普及を支援してきましたが、データベースによる技術情報の発信により、技術普及支援体制のさらなる充実を図ります。

「S-WETS」は、琵琶湖流域の水環境保全を通じて蓄積した技術のデータベース化を目指すため、廃水等の処理技術だけでなく、湖沼環境等の調査技術、ヨシ群落保全等の生態系修復技術なども対象としています。また、調査(モニタリング)、計画、建設等の分類を設け、途上国等が、抱える課題とその段階に対応した技術を見出すことができるよう工夫し、ユーザー側に立った「課題対応型」の構成としています。さらに「S-WETS」は、企業情報ではなく個々の技術(「要素技術」)情報から構成されていることで類似した技術が検索しやすいこと、英語にも対応していることなど、海外におけるコーディネート活動のツールとしての使用を考慮した仕様となっています。このように「S-WETS」は、既存の技術データベースには無い特徴を持っています。

今後、平成29年(2017年)4月中の運用開始を目指し、「しが水環境ビジネス推進フォーラム」メンバーへの呼びかけ等を通じ情報登録を進めてまいります。

概要

データベース運用開始予定

平成29年4月中

技術/サービス情報登録申請について

お問い合わせ

滋賀県琵琶湖環境部下水道課企画担当

TEL 077-528-4213 FAX 077-528-4908

提出先

〒525-0066 滋賀県草津市矢橋町字帰帆2108番地 淡海環境プラザ内

公益財団法人 淡海環境保全財団 淡海環境プラザ担当

TEL 077-569-5306 FAX 077-569-5334

提出様式等は以下のページを参照ください。

 http://www.pref.shiga.lg.jp/d/gesuido/kikaku/170110dbtouroku/170110.html

お問い合わせ

滋賀県琵琶湖環境部下水道課 

電話番号:077-528-4213

ファックス番号:077-528-4908

メールアドレス:dd00@pref.shiga.lg.jp