文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > 県政情報 > 広報 > 県政eしんぶん(報道資料) > 2019年1月22日号 > 「ビワマスフォーラム2018-19 in野洲」を開催します!

ここから本文です。

県政eしんぶん報道資料

公開日:2019年1月22日

「ビワマスフォーラム2018-19 in野洲」を開催します!

  『家棟川・童子川・中ノ池川にビワマスを戻すプロジェクト』は、平成27年にNPOや自治会、行政、専門家、企業により結成された団体です。野洲市を流れる家棟川において、かつて秋に多く産卵のために遡上していたビワマス(琵琶湖固有種のサケ科魚類)が再びたくさん遡上・産卵できるような生態回廊の再生を目指して、産卵床の造成や、魚道の設置などの活動を行っています。その結果、今年度、ついにビワマスが魚道を遡上する姿が確認されました。

  プロジェクトの活動成果を報告するとともに、野洲川の豊かな伏流水を活かしたまちの歴史、川で遊んだ幼少期の原体験、自然と暮らしの関わりの急速な変化などを踏まえ、ビワマスを活かしたこれからのまちづくりについて、参加者で話し合うことを目的に、標記フォーラムを下記のとおり開催します。

  当日は、ビワマス(あめのいお)ご飯の試食会も行います。参加無料ですので(要事前申し込み(定員100名、先着順))、ぜひご参加ください。詳細は別添チラシをご覧ください。

日時

  平成31年2月2日(土曜日)13時30分~16時00分

場所

  野洲図書館本館  ホール(野洲市辻町410)

主催

  家棟川・童子川・中ノ池川にビワマスを戻すプロジェクト

 (構成団体:NPO法人家棟川流域観光船、地元自治会、地元環境活動団体、TOTO株式会社、野洲市、滋賀県)

参加費

  無料

内容

【講演・報告】

  ついにビワマスが魚道を遡上!  ほか  地域からの報告

【ワークショップ】

  わたしと環境の関わりを考える~環境的自叙伝~

【体験イベント】

  ビワマス(あめのいお)ご飯の試食会

【全体意見交換】

  ビワマスを活かしたこれからのまちづくり

定員

  100名(先着順)

申込み

  野洲市環境経済部環境課へ事前に申し込み下さい(チラシ参照(PDF:1,849KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

滋賀県琵琶湖環境部琵琶湖政策課 

電話番号:077-528-3463

ファックス番号:077-528-4847

メールアドレス:dk00@pref.shiga.lg.jp