文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > 県政情報 > 広報 > 県政eしんぶん(報道資料) > 2018年2月9日号 > 琵琶湖博物館ブックレット5 『近江の平成雲根志  -鉱山・鉱物・奇石-』を出版しました

ここから本文です。

県政eしんぶん報道資料

公開日:2018年2月9日

琵琶湖博物館ブックレット5 『近江の平成雲根志  -鉱山・鉱物・奇石-』を出版しました

琵琶湖博物館は、このたび琵琶湖博物館ブックレットの第5弾となる『近江の平成雲根志 -鉱山・鉱物・奇石-』を出版しました。

「琵琶湖博物館ブックレット」は、学芸員や地域の研究者が琵琶湖に関連した最新の研究成果を発信することを目的として、2016年8月に開館20周年を記念して創刊されました。

ブックレットの第5弾は湖国もぐらの会で活動をされている福井龍幸さんが県内の鉱物や石の世界における魅力や、県内の鉱山について解説しています。本ブックレットは当館ミュージアムショップ「おいでや」のほか、県内の各書店でお買い求めいただけます。

また、このブックレットの出版に合わせ、A展示室「地域の方々による展示コーナー」ではこの文中で紹介されている福井さんの標本を展示しています。あわせてご覧ください。

 

書名

『琵琶湖博物館ブックレット5 近江の平成雲根志 -鉱山・鉱物・奇石-

サンライズ出版、2018年2月発売

体裁

A5判・総120ページ・並製

本体価格 1,500円(税別)

著者

福井龍幸 (湖国もぐらの会)

内容

かつて滋賀県に多く存在していた石部村銅山や富川銀山などの鉱山を『甲賀郡志』『滋賀県管下近江国六郡物産図説』などを紐解き、取り上げる。また、県下で産出した水晶、宝石などの鉱物や、江戸時代の本草学者・木内石亭が記した『雲根志』に掲載された、振るとコロコロと音のなる奇石などについても豊富な写真とともに解説。

琵琶湖博物館ブックレット5 近江の平成雲根志 -鉱山・鉱物・奇石-

 

「地域の人々による展示コーナー」

文中に登場する鉱石や鉱物を現在A展示室「地域の人々による展示コーナー」で展示しています

 

 

お問い合わせ

滋賀県立琵琶湖博物館 

電話番号:077-568-4811

ファックス番号:077-568-4850

メールアドレス:info@biwahaku.jp