文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > 県政情報 > 広報 > 県政eしんぶん(報道資料) > 2017年12月14日号 > 滋賀県立琵琶湖博物館 『第8回 琵琶湖地域の水田生物研究会』を開催します

ここから本文です。

県政eしんぶん報道資料

公開日:2017年12月14日

滋賀県立琵琶湖博物館 『第8回 琵琶湖地域の水田生物研究会』を開催します

琵琶湖博物館では12月17日(日曜日)に「第8回 琵琶湖地域の水田生物研究会」を琵琶湖博物館ホールにて開催します。

「琵琶湖地域の水田生物研究会」は、琵琶湖博物館で2010年より毎年12月に開催されてきた公開研究会です。琵琶湖地域を中心に、日本全国で田んぼの生き物の研究をしている人たち(学生や職業研究者だけではない)が集まって研究発表を行い、参加者とともに田んぼの生き物を語り合う場になっています。

今回は2つのミニシンポジウム、そして口頭発表9題、ポスター発表20題と非常に多くの発表が予定されており、田んぼとその周辺に生きる生き物の研究について、多くの情報交換と交流が行われます。

日時

2017年12月17日(日曜日) 10時05分~17時00分

場所

琵琶湖博物館 ホール

申込・観覧料

無料 事前申し込み不要

内容 

第一部 ミニシンポジウム1 (10時05分~11時30分)

『生きものに配慮した水田で学生が取り組む研究や活動』  発表4題

第二部 全国から集まった田んぼの生きもの研究

ポスターセッション (11時30分~12時00分)

口頭発表 (13時00分~14時55分)

第三部 ミニシンポジウム2 (15時05分~17時00分)

『「何でも屋」の水田生物研究』  発表3題

 

★お問い合わせ先

滋賀県立琵琶湖博物館 大塚泰介・金尾滋史・鈴木隆仁

 

※ 近江地域学会生きもの豊かな農村づくり研究会、日本生態学会近畿地区会  共催

 

PDF 『第8回 琵琶湖地域の水田生物研究会』(PDF:1,904KB)

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

滋賀県立琵琶湖博物館 

電話番号:077-568-4811

ファックス番号:077-568-4850

メールアドレス:info@biwahaku.jp