文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > 県政情報 > 広報 > 県政eしんぶん(報道資料) > 2017年4月21日号 > 琵琶湖博物館 水族展示室 『下流域の魚たち』水槽にヤナを設置しました!

ここから本文です。

県政eしんぶん報道資料

公開日:2017年4月21日

琵琶湖博物館 水族展示室 『下流域の魚たち』水槽にヤナを設置しました!

琵琶湖博物館水族展示室にある「下流域の魚たちと簗漁」コーナーでは、この季節に川の下流域で行われている『ヤナ漁』を再現するために、水槽内にヤナを設置しました。

ヤナ(簗)とは、春から夏にかけて琵琶湖に流れ込む川の下流域に設置される定置漁具で、主に琵琶湖から川をのぼってくるアユなどをとる伝統的な漁法です。

水族展示室では2016年7月のリニューアルにあわせてこのコーナーを新装し、季節に応じて琵琶湖から遡上してくる魚たちとその風景を紹介するため、流れのある水槽を新設しました。昨年度から季節に合わせてアユ、ハス、ビワマスなどを展示しています。今回は、ヤナ漁の季節にあわせて水槽にヤナを設置し、さらに3月から5月にかけて産卵のために琵琶湖から川に遡上してくるウグイをこの水槽では初めて展示しています。運がよければ、ウグイがヤナを飛び越えようとジャンプする姿や、水槽内で産卵をする瞬間に出会えるかもしれません。

 

「下流域の魚たち」水槽の概要

場所

水族展示室 下流域の魚たちと簗漁コーナー

水槽の大きさ

  • 長さ: 6m
  • 奥行: 1.5m
  • 水深: 40cm

水槽の特徴

館内で唯一流れを作ることのできる水槽で、季節によって背景のパネルを変更しています(現在は春~初夏に行なわれているヤナ漁の写真)

現在の展示生物

  • ウグイ(コイ科)
  • ウツセミカジカ(カジカ科)

 

「下流域の魚たち」水槽

 

 

外部リンク 滋賀県立琵琶湖博物館ホームページ(外部サイトへリンク)

 

お問い合わせ

滋賀県立琵琶湖博物館 

電話番号:077-568-4811

ファックス番号:077-568-4850

メールアドレス:press@lbm.go.jp