文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ここから本文です。

更新日:2019年2月21日

キラリ通信

前月へ/翌月へ

2019年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

 

月別ナビ

2019年2月

2019年1月
 29日 気候変動適応センター開所
 18日 西川貴教観光大使来庁
 13日 マキノ短期居住
 4日 平成31年仕事始め

 

年別ナビ

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

キラリ通信

 平成31年(2019年)2月14日(木曜日)

キラリ通信

本日は、バレンタインデー。「バレンタインジャンボ宝くじ」の発売に合わせて、幸運の女神の矢吹真穂さんがお越しくださいました。

私からは、フラワーバレンタインということで県産のバラの花束をプレゼントいたしました。

ぜひ宝くじは県内でご購入ください。

 

その後、ピアザ淡海で開催された「ITSセミナーin滋賀おおつ」に出席。

このセミナーは、東京大学のITSセンター(次世代モビリティ研究センター)が全国各地で開催しているもので、自動運転サービスの社会実装の可能性などを考えるセミナーです。

各分野の研究者の皆様方の講義を聴講させていただきましたが、自動運転の実現はもう目の前である一方で、法整備など社会システムが追い付いていないなどの課題も示されました。

様々な課題を乗り越え、誰もが安心できる交通システムの構築を実現してまいりたいと思います。

 

キラリ通信また、近江米振興協会の会長として、そして、滋賀県知事として近江米を取り扱っていただいている米穀卸売事業者の皆様との意見交換会に出席。

事業者の皆様より近江米に対する評価とこれからの期待の声をいただきました。引き続き、県内生産者とともに近江米の品質と収量の確保、更なるブランド力の向上に取り組んでまいりたいと思います。

 平成31年(2019年)2月13日(水曜日)

キラリ通信

本日は、午後から開催された平成30年度第5回総合教育会議に出席。

本日の会議では、次期教育大綱で本県の特色として打ち出そうとしている「読み解く力」について、議論いたしました。「読み解く力とは何なのか?」「どのように育成していくのか?」といったことについて、教育委員の皆さん、教育委員会事務局の職員とともに考えました。

「読み解く力」を分析し、育成し、「学ぶ力」「生きる力」を子ども達が身に着けられるような滋賀の教育をつくっていきたいと思います。

 

キラリ通信その後、平成30年度滋賀県スポーツ顕彰、滋賀県民スポーツ大賞ならびに滋賀県民スポーツ賞の表彰式に出席。

今年度、スポーツの分野で活躍された皆様に各賞を授与させていただきました。世界を舞台に活躍するアスリートやそれを支える方々が滋賀県にはたくさんいらっしゃいます。東京オリンピック・パラリンピック、その4年後の滋賀国スポ・障スポをはじめ、ゴールデンスポーツイヤーズを滋賀のスポーツの力で盛り上げていきたいと思います。

 平成31年(2019年)2月10日(日曜日)

キラリ通信

午前中、アール・ブリュットネットワークフォーラム2019のセッションに登壇。

『アール・ブリュットネットワークの“これまで”と“これから”』をテーマに、アール・ブリュットネットワークの7年間の活動と社会の変化を振り返り、ネットワークのこれからの姿を、会長で前文化庁長官の青柳正規さんとともに語り合いました。

このネットワークは、滋賀県で設立され、全国から1,300件以上の個人や団体に入会いただいております。アール・ブリュットは芸術と福祉をつなげ、社会のあり様を変えていく可能性があります。アール・ブリュットをより多くの方に知っていただき、その魅力や素晴らしさに共感していただけるように、取組を進めてまいりたいと思います。

 

キラリ通信その後、龍谷大学瀬田キャンパスで、「森のようちえん しがフォーラム」に参加。

「森のようちえん」とは、子どもの主体性を重視し、自然体験を通じて自分で考え、行動できる「生きる力」を育む幼児教育です。他県での先進的な取組をうかがい、また県内各地域での活動の輪の広がりを感じることができました。本県でも「やまの健康」を推進し、将来の担い手となっていただけるよう、自然保育に取り組んでまいりたいと思います。

 平成31年(2019年)2月9日(土曜日)

キラリ通信

本日は、滋賀県立体育館で開催された女子Vリーグ「東レアローズ 対 埼玉上尾メディックス」を観戦。滋賀県大津市を拠点に活動する東レアローズさんに声援を送りました。

私は、始球式としてサーブを打ち込む大役をいただきました。大勢の観客の皆様の前で緊張をしましたが、なんとかサーブ成功。一安心で試合がはじまりました。

肝心の試合の方は2セット先取した後、1セットを落としてしまい、ハラハラする試合展開でしたが、見事3対1で勝利をおさめてくれました。

キラリ通信生で見るバレーボールは迫力満点。スパイクの力強さや華麗なトスワークに興奮しました。

リーグ戦は、いよいよ終盤を迎えます。よりよい戦績を残せるよう滋賀県民あげて応援してまいりましょう。

 平成31年(2019年)2月5日(火曜日)

キラリ通信

午前中、平成31年度当初予算案の概要について、報道各社にご説明しました。

「健康しが」を推進していくため、人の健康、社会の健康、自然の健康の3つの健康の具体的な取組を中心にお話しさせていただきました。未来と世界をしっかりと見据えながら、引き続き、力強く県政を進めてまいりたいと思います。

 

午後、平成30年度緑化功労者「シャクナゲ賞」の表彰式を行う。

キラリ通信「シャクナゲ賞」は、本県において地域の緑化や森づくりに長年にわたり地道に取り組まれてきた方を表彰するものです。今年度は、多賀町で大滝山林組合の管理者として山林緑化や資源循環に尽力され、本県の「やまのこ」事業の受入れを推進するなど、森林環境学習にも幅広く貢献していただいている木下慶一様を表彰いたしました。「やまの健康」を支えていただいている木下様の知恵と経験を、県の取組にも活かしてまいりたいと思います。

 

キラリ通信その後、ASIAGAP(アジアギャップ)を取得された県立農業大学校の皆さんがお越しくださる。

GAPとは、農業において食品安全、環境保全、労働安全等の持続可能性を確保するための生産工程管理の取組です。生産現場での認証取得を推進する動きが全国的に広まりつつありますが、県立農業大学校は、近畿の農業大学校では初めて認証取得をいたしました。学生の皆さんは、「認証取得の取組は大変だったけれども、環境や安全面に対する意識が高まり、良い機会となった」とのことでした。世界にも誇れる大変名誉なことで、持続可能な農業を進める上でも大変うれしく思います。学生の皆さんの今後の活躍を期待しています。

 平成31年(2019年)2月4日(月曜日)

キラリ通信

本日は、午前中に開かれた第72回全国植樹祭滋賀県実行委員会第2回総会に出席。実行委員会の会長として、議事進行を務めさせていただきました。

今回の総会では、来年度の事業計画や収支予算について審議し、企業協賛や植樹祭基本計画の素案について検討いただきました。

2021年第72回全国植樹祭の成功に向け、式典会場の地元・甲賀市とも協力して、万全の準備をしてまいりたいと思います。

 

キラリ通信その後、本年度、滋賀県文化功労賞を受賞された岩崎世津様の受賞祝賀会に出席。岩崎世津様は、二代目窯元の夫・岩崎新定様とともに、膳所焼の再興に尽力され、膳所焼美術館館長として、古膳所焼の所蔵および継承にご尽力いただきました。今後ますますのご活躍をお祈りいたします。

 

キラリ通信県庁に戻ってから、「なくそう犯罪」滋賀安全なまりづくり実践県民会議総会に会長として出席。

総会では、平成30年の防犯活動などの取組報告と平成31年の犯罪抑止目標などについて審議しました。

今年の犯罪抑止目標は「犯罪認知件数アンダー7,000件、住宅侵入盗被害100件以下、特殊詐欺被害100件以下」です。

安全・安心な滋賀の実現に向け、県民の皆さんで取組を強化してまいりましょう!

 

キラリ通信その後、農林中央金庫大阪支店様より「県産材を活用した木製品」のご寄附をいただき、感謝状を贈呈いたしました。

毎年、木製品をご寄附いただいておりますが、今年は県立図書館の児童室で活用するブックスタンドやベンチなどをいただきました。大切に使わせていただきたいと思います。

 平成31年(2019年)2月1日(金曜日)

今日から2月。朝、県職員に向け毎月の知事談話を放送しました。今月は、1月4日の年頭所感で述べた「世界」への思いについて、話をしました。(2月の知事談話へリンク)

 

キラリ通信

その後、天台宗一隅を照らす運動総本部長の森定様にお越しいただき、平成30年台風第21号災害に対する多額のご寄附をいただきました。

2人の尊い命が奪われ、多数の住家被害、農作物、公共施設被害が発生しました。いただいたご寄附をこの台風による災害復旧などのために、大切に使わせていただきたいと思います。


 

前月へ