文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > 県政情報 > 県の概要 > 組織案内 > 統計課-統計調査に御理解と御協力を-

ここから本文です。

更新日:2016年11月9日

統計課-統計調査に御理解と御協力を-

第1回滋賀県統計講演会を開催しました

 平成28年(2016年)10月29日(土曜日)栗東市・栗東芸術文化会館さきら で「第1回滋賀県統計講演会&地域経済分析システム(RESAS)入門講座」を開催しました。nisiuchi

 池永肇恵副知事による開会挨拶では、「滋賀県では「しが統計アクション事業(※)」を展開し、来年度、全国初となるデータサイエンス学部を開設する滋賀大学と連携し、統計に関して一歩抜き出た存在となるべく、取り組んでいる。今回の講演会を機に、統計データの利活用をより身近に感じていただきたい」と述べました。

  統計講演会の講師には、ベストセラー「統計学が最強の学問である」の著者で統計家の西内 啓氏(写真)を迎え、「滋賀で活かす統計学とデータの力」と題し、統計の重要性や有用性、活用方法について講演いただきました。「論より証拠」という聞き慣れた言葉がいかに真実を述べているか、感覚や経験からではなく統計データから導き出される証拠こそが今ある現状の原因であり、ありたい姿に近づくための行動のヒントになることなどを、少子化問題など具体例をあげて語られました。その後、統計課職員による県政モニターアンケート結果報告、滋賀大学データサイエンス教育研究センター長 竹村彰通氏による地域経済分析システム(RESAS)入門講座が行われました。 

 参加者からは「エビデンス(科学的根拠)が重要であることがよく分かった」「統計について概論から利活用方法まで分かりやすかった。自分が統計を使うための足掛かりとしたい」などの声があり、多くの方から統計の重要性と有用性を実感したという感想をいただきました。

 

 ※「しが統計アクション事業(STAT)」・・・従来の普及事業に加え、今回開催した統計講演会のほか、専門家による統計相談窓口の開設、小中学校での出前授業一般県民向け出前講座、統計資料の整備などを行い、滋賀県における統計の利活用をさらに推進していくための事業です。

 

注目の統計 

 

ビルくんとケイちゃん(外部サイトへリンク)

かたり調査に御注意ください!

   国勢調査など政府の統計調査を装い、世帯や事業所を訪問して記入した調査票をだまし取ったり、世帯の家族構成や事業所の内部情報などを電話で聞き出す不正行為が発生しています。

   不審に思われた場合は、顔写真入りの調査員証の提示を求めるか、県統計課または市町統計主管課までお問い合わせください。

統計課の業務-所管統計調査一覧 

管理調整係 (077-528-3391)

 

分析係  (077-528-3397)

所管統計調査

毎月調査
毎年調査
周期調査
統計情報

(経済波及効果分析ツール)

相談窓口

 

普及係 (077-528-3393)

統計情報・刊行物 

 刊行物
統計情報
その他

統計資料室

統計功績者表彰

  • 統計功績者表彰伝達式

            

 人口経済統計係 (077-528-3399) 

所管統計調査

毎月調査
周期調査

 

 

商工統計係 (077-528-3398)

所管統計調査

毎月調査
毎年調査
周期調査

 

 農林学事統計係 (077-528-3392)

所管統計調査

毎月調査
毎年調査
周期調査