文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > くらし・文化 > 消費生活 > 滋賀県消費生活センター

ここから本文です。

更新日:2016年7月27日

画面を印刷する

滋賀県消費生活センター

NEW! 消費生活相談員資格認定試験の実施について(お知らせ)

 「消費生活相談員資格」は、消費者安全法に基づく消費生活相談員のための資格として平成28年度から創設されました。そして、この資格の登録試験機関として内閣総理大臣から登録を受けた独立行政法人国民生活センターが、今年度の「消費生活相談員資格試験」を実施されます。

 詳細については、同センターのホームページ

外部リンク 「消費生活相談員資格試験・消費生活専門相談員資格認定制度」(国民生活センター)

 で確認してください。

平成28年熊本地震に便乗した不審な電話や訪問にご注意ください!

  平成28年熊本地震に関連して、「寄付金を求める不審な電話があった」という相談が全国の消費生活センター等に寄せられています。熊本地震に便乗した不審な電話や訪問にはご注意ください。

【アドバイス】

  1. 不審な電話はすぐに切り、来訪の申し出があっても断ってください。万が一、金銭を要求されても、決して支払わないようにしてください。
  2. 公的機関が、各家庭に電話等で義援金を求めることは考えられません。公的機関から連絡があった場合には、まずは当該機関に確認しましょう。
  3. 義援金は、募っている団体等の活動状況や使途をよく確認し、納得した上で寄付しましょう。義援金を口座に振り込む場合は、振込先の名義をよく確認しましょう。
  4. 少しでも不安を感じたら、すぐに滋賀県消費生活センター0749-23-0999、または最寄りの消費生活センター(電話番号188(いやや))に相談してください。また、被害にあったときは、警察の相談窓口(電話番号#9110)または最寄りの警察署に相談してください。

外部リンク 「震災に関する義援金(ぎえんきん)詐欺に御注意ください」(消費者庁)

外部リンク 「平成28年熊本地震に便乗した不審な電話や訪問にご注意ください!」(国民生活センター)

2016年4月1日より、電力の小売全面自由化が始まります

 これまで、電力の契約は地域ごとの事業者との契約でしたが、自由化により複数の様々な業種や業態の事業者の中から消費者が契約先を選択することが可能となります。電力について、よく理解して契約するきっかけに、また便乗したトラブルに遭わないために、消費者向けのアドバイスを提供します。 (独立行政法人 国民生活センター公表資料より抜粋)

【アドバイス】

  1. 消費者自ら電力の小売自由化に関する情報を収集し、「料金が必ず安くなる」といった勧誘トークに気をつけましょう。経済産業大臣の登録を受けた事業者か経済産業省の専用ダイヤル(注1)に問い合わせましょう。
  2. 「電力会社を変えると新たに電線を引かなくてはいけない」「契約した会社が倒産したら電気は止まってしまう」といった説明はうそです。こうした勧誘についての問い合わせは同省の電力取引監視等委員会の相談窓口(注2)に相談できます。
  3. 「料金が安くなる」「ポイントで還元される」などと勧誘された際には、どのような条件で安くなるのか、電力以外の商品やサービス契約とのセット料金や値引きになっていないか、契約期間が長期なものになっていないか、解約時に違約金が発生しないかなど、よく確認しましょう。
  4. 電力の小売自由化に便乗した太陽光発電システム、プロパンガス、蓄電池等の勧誘が現在も行われています。電力の小売自由化と直接関係のない契約については、その必要性についてよく考えましょう。
  5. 訪問販売または電話勧誘販売で小売電気事業者と電力の供給契約を結んだ場合、特定商取引法に基づくクーリング・オフが可能です。
  6. 怪しい電話があった、契約に際してトラブルになった、不安になった際には、滋賀県消費生活センター0749-23-0999、または最寄りの消費生活センター(電話番号188(いやや))に相談しましょう。

  (注1) 経済産業省専用ナビダイヤル 0570-028-555(受付時間平日9時-18時)

  (注2) 電力取引監視等委員会相談窓口 03-3501-5725(受付時間平日9時30分-12時、13時-18時30分) E-mail:dentorii@meti.go.jp

 

  消費者庁発行による注意喚起リーフレット等もご参照ください。

外部リンク 電力小売全面自由化に関する情報(消費者庁)

 新しい3桁の相談番号が、スタート!「消費者ホットライン」188

 外部リンク 「平成27年7月1日より、3桁の電話番号『188(嫌や!)』番での案内を開始します。」(消費者庁)

各種ご案内

クーリング・オフ  相談窓口のご案内  トラブル事例集  各種講座/啓発資料

 

情報NOW!

過去の「情報NOW!」

ご注意NOW!

今、県内で特に相談や被害が多い手口について、対処方法をご紹介しています。

 アダルトサイトの請求画面がパソコン画面に張り付いて取れない!

【相談事例】

アダルトサイトを見ていたところ、年齢確認の質問など、2~3の質問があり、「はい」をクリックして進んだ。突然画面が切り替わり、「有料アダルトサイトへのご入会ありがとうございます」と表示された。99,800円を支払うようにとの請求画面が表示され、電源を切っても、再度電源を入れるとまた請求画面が出る。どうすればよいか。(30歳代・男性)

あなたもこのようなトラブルにあっていませんか?トラブルの対処方法


過去の「ご注意NOW!」

お問い合わせ

滋賀県消費生活センター

電話番号:0749-27-2234

ファックス番号:0749-23-9030

メールアドレス:cd30@pref.shiga.lg.jp