文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > 県政情報 > 広報 > 県政eしんぶん(報道資料) > 2018年9月4日号 > 救急功労者表彰の受賞決定について

ここから本文です。

県政eしんぶん報道資料

公開日:2018年9月4日

救急功労者表彰の受賞決定について

毎年、消防庁において、「救急の日」および「救急医療週間」に併せて「救急功労者表彰式」を開催しています。このたび、本県から濱上洋 氏と荒川 庄三郎 氏が受賞されることとなりましたのでお知らせします。

1  受賞者

【総務大臣表彰】

長浜赤十字病院名誉院長  濱上 洋(はまがみ ひろし)氏    70歳

【消防庁長官表彰】

前 甲賀広域行政組合消防本部消防長  荒川 庄三郎(あらかわ しょうざぶろう)氏    60歳

2  功績概要

【濱上 洋 氏】

救急救命士の再教育病院実習をはじめとした、救急救命士に対するスキルアップ支援に積極的に取り組むとともに、救急患者の受入体制の整備、湖北地域の消防本部との連携強化を図るなど、救急隊の資質の向上と救急業務の高度化に尽力された。また、15年にわたり、湖北地域救急医療高度化推進協議会の委員を務め、湖北地域救急活動プロトコールの改正や救急活動における事後検証体制の構築に大きく貢献された。

【荒川 庄三郎 氏】

救急隊員の指導、教育に努めるとともに、救急活動基準の策定や高規格救急車の整備に携わるなど、救急業務体制の整備に尽力された。また、地域メディカルコントロール体制の充実強化のため、医療機関をはじめとする関係機関との協議、調整を図り、甲賀郡メディカルコントロール協議会の設立に貢献された。

3  表彰の概要

(1) 目的

救急業務の推進に貢献し、もって国民の生命身体を守るとともに社会公共の福祉の増進に顕著な功績があった者等を総務大臣等が表彰することにより、救急業務の一層の推進に資することを目的とする。

(2) 対象者

救急業務の重要性を理解し、救急業務の推進、または応急手当の普及啓発等のために尽力し、もって国民の生命身体を守るとともに公共の福祉の増進に顕著な功績があった個人または団体とする。

4  表彰式

(1) 日時

平成30年9月10日(月曜日)13時30分~13時50分

(2) 場所

KKRホテル東京11階「孔雀の間」(東京都千代田区大手町一丁目4番1号)

お問い合わせ

滋賀県総合政策部防災危機管理局 

電話番号:077-528-3431

ファックス番号:077-528-6037

メールアドレス:as00@pref.shiga.lg.jp