文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > くらし・文化 > 文化・芸術 > 「美の滋賀」づくり > 新生美術館整備室 > 「美の滋賀」探訪バスツアー~美の宝庫・滋賀の魅力に出会う旅~

ここから本文です。

更新日:2018年10月26日

「美の滋賀」探訪バスツアー~美の宝庫・滋賀の魅力に出会う旅~

bustour03平成31年度までのオープンに向けて現在整備を進めている新生美術館は、地域とつながる「美の滋賀」の入口となることをめざしています。その実現に向けた取組の一環として、美術館を核に県内各地の文化やアートに関するスポットを結び、滋賀ならではのアート・ツーリズムの提案・定着を目指すバスツアーを行います。(ツアーの実施については、滋賀県が近江トラベル株式会社に委託しています)

  • PDF  バスツアーチラシ (PDF:2,350KB)
  • 各ツアーのお申し込み・お問い合わせ(お電話でお申し込みください)

近江トラベル株式会社(近江グリーンツアーセンター)

TEL(0749)24-8103

 

 

滋賀のアール・ブリュットを探訪するツアー【平成27年11月14日(土曜日)】

<終了しました>

  • この秋、滋賀県立近代美術館(大津市)では「生命(いのち)の徴(しるし)―滋賀と『アール・ブリュット』」展が、ボーダレス・アートミュージアムNO-MA(近江八幡市)では「これ、すなわち生きものなり」展が開催されています。
    どちらの展覧会も、県内の障害者福祉施設等で先駆的に行われてきた造形活動を背景として生み出された、「アール・ブリュット」と呼ばれる作品を多数展示しています。
    この二つの展覧会の開催にあわせて、両館と、作品が創作されている福祉施設などを結ぶバスツアーを行います。魅力的な造形作品を多数生み出してきた滋賀のアール・ブリュットに出会い、深く知っていただける貴重な機会です。
  • 展覧会場ではそれぞれ担当学芸員がご案内します
  • 参加料金/お一人様3,600円(昼食代・入場料込)
  • 【集合】大津駅9時30分→県立近代美術館(外部サイトへリンク)(「生命の徴-「滋賀とアール・ブリュット」展)→料理旅館塩野温泉(外部サイトへリンク)(甲賀市)(昼食)→やまなみ工房(外部サイトへリンク)(甲賀市)(工房・ギャラリー見学)→ボーダレス・アートミュージアムNO-MA(外部サイトへリンク)(「これ、すなわち生きものなり」展)→【解散】近江八幡駅・大津駅(17時30分)

tour03

 滋賀の水の文化を探訪するツアー<安曇川編>【平成27年11月21日(土曜日)】 筏流しの神さま・シコブチさんを訪ねる旅~古と今、暮らしと心を繋ぐ安曇川~

<満員になったため受付は終了しました>

  • 深まる秋、美しい山の風景の中で、安曇川の原流域から下流に向けて、筏流しの神様「シコブチさん」を祀る神社を巡ります。 川の恵みとともに暮らしが成り立っていた、生活の中の水に対する信仰の美に触れることができる旅です。
  • シコブチさん信仰紹介 高島市歴史散歩(外部サイトへリンク)
  • 郷土史の研究者 白井忠雄さん(高島市歴史民俗資料館)に、御案内いただきます (協力・高島市教育委員会)
  • このツアーは、「おうみ映像ラボ」の提案を受けて同団体と協働で実施します
  • 葛川明王院で御朱印を御希望の方は、お申し込み時にお知らせください
  • 行程の中で山道や階段を通りますので、歩きやすい靴と服装でお越しください
  • 参加料金/お一人様2,000円(昼食代等込)
  • 【集合】堅田駅9時00分→葛川明王院→梅ノ木志子渕神社(「鯖寿司工房みうら」のお弁当で昼食)→久多志古渕神社→中野思子淵神社→道の駅「藤樹の里あどがわ」→【解散】安曇川駅・堅田駅18時00分
artbusimage04

 美の滋賀の魅力を探訪するツアー【平成27年11月23日(月曜日・祝日)】

  •  長い歴史に育まれた伝統の美、日本でただ一つ湖中の有人島で湖とともにある暮らしの中から生まれる美、そして今、新たに国内外から注目が高まるアール・ブリュット・・・・滋賀ならではの、時代を越えた美の魅力を実感いただける旅です。 
  • 参加料金/お一人様4,500円(昼食代・入場料等込)
  • 【集合】大津駅9時00分→三井寺(一般非公開の光浄院客殿を特別に拝観いただけます)→浮御堂→沖島(連絡船で島に渡り、ボランティアガイドに島内を案内いただきます・昼食)→県立近代美術館(外部サイトへリンク)(「生命の徴-「滋賀とアール・ブリュット」展を担当学芸員がご案内します)→【解散】大津駅17時00分

tour001

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

滋賀県県民生活部文化振興課新生美術館整備室

電話番号:077-528-3346

ファックス番号:077-528-4833

メールアドレス:newmuseum@pref.shiga.lg.jp