文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ここから本文です。

更新日:2016年12月26日

アール・ブリュットネットワークフォーラム2017開催のお知らせ

2013年2月に発足した「アール・ブリュットネットワーク」。アール・ブリュット関連の情報を広く伝えること、アール・ブリュットに関わる人たちが情報を交換し、交流し合える場をつくることを目的に活動しています。そして、現在、全国47都道府県から700を超える団体・個人に入会いただいております。

アール・ブリュットは、近年、全国各地で展覧会が開かれるようになり、急速に注目が高まってきております。

フォーラムは、関係者が一堂に集い、取組や課題をともに聞き、考え、語り合う場として開催しています。どなたでも参加できます。会員の方もそうでない方も、是非フォーラムにご参加ください。 

  • 日時:2017年2月12日(日曜日)9時30分~13時00分フォーラム

        (14時~16時会員交流会 ※注

  • 会場:びわ湖大津プリンスホテル・コンベンションホール淡海
  • テーマ:つながるアール・ブリュット
  • 入場料:無料
  • 定員:150人  

※注  アール・ブリュットネットワークフォーラム2017への参加申込は不要ですが、会員交流会(14時~16時)に参加希望の方は、下記事務局(滋賀県県民生活部文化振興課)まで

(1)氏名、(2)所属、(3)住所、(4)電話、(5)メールアドレス

をお知らせください。

ちらし(PDF:751KB)

プログラム

9時30分~10時00分 報告「国際交流の取組について」 

   西川  賢司( 社会福祉法人グロー[GLOW] 文化芸術推進課長)
   クリストファー・スミット Christopher Smit ( ディスアート代表)

10時00分~11時00分 対談

「文化芸術と地方創生」

篠田 昭(新潟市長)×青柳 正規(アール・ブリュットネットワーク会長、前文化庁長官)

11時15分~13時00分 シンポジウム

「表現活動がつなぐもの」

表現活動と関わりのなかった人々が表現活動を通じてつくる喜びを感じ、地域や社会と新たなつながりが生まれています。実際の取組事例から表現活動が持つ「可能性」や「つなぐ力」について考える機会とします。

キーノートスピーチ

     保坂 健二朗( 東京国立近代美術館主任研究員)

事例発表

 〇るんびにい美術館と地域のつながり
        板垣 崇志(るんびにい美術館アートディレクター)
    〇喫茶店のふりから釜ヶ崎芸術大学まで、ココルームの場づくりと社会とのつながり
        上田 假奈代(NPO法人こえとことばとこころの部屋(ココルーム)代表)

  聞き手:保坂健二朗

14時00分~16時00分 会員交流会

アール・ブリュットネットワークの会員が、ワークショップ形式の意見交換を行います。

    コーディネーター:中川 直美(NPO法人なないろサーカス団代表)

   (ワークショップへの参加は、事前にお申し込みください。)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

滋賀県県民生活部文化振興課

電話番号:077-528-3340

ファックス番号:077-528-4833

メールアドレス:binoshiga@pref.shiga.lg.jp