文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ここから本文です。

更新日:2016年9月23日

トップページ 協働って何?
            協働って何のためにするの? 所轄庁への提出書類の様式をダウンロードできます。 NPO法人に対する監督等に関する情報です。
NPO法人設立の手引きや申請書類のダウンロードができます。 県の協働に関する資料を集めました。 協働やNPOに関係するリンク集です。 認定・仮認定NPO法人、NPO法人個別指定制度に関する情報です。

協働ネットしが

特定非営利活動法人データベース

滋賀県協働プラットフォームの開催について

協働プラットフォームの基礎情報

 

設置の目的 平成28年3月に策定した滋賀県協働推進ガイドラインに基づく政策形成段階における協働を推進するための仕組みとして、県民をはじめとする多様な主体の参加の下で、テーマに応じた対話や協議を行う「滋賀県協働プラットフォーム」を設置する。
テーマの募集 テーマは、県各部局および県民、NPO、企業等から広く募集する。
テーマの提案期間 平成28年4月20日から平成29年3月31日までとする。
テーマの提案方法 提案者は、別記様式「協働プラットフォームにおけるテーマ提案書(ワード:20KB)」を事務局である滋賀県県民生活部県民活動生活課県民活動・協働推進室へ提出する。
事務局 県民活動生活課県民活動・協働推進室とする。
開催時期および回数 テーマの提案状況に応じ、随時開催することとする。
参加者 ・テーマの提案者
・テーマに興味のある県民、NPO等の多様な主体

・コーディネーター(課題解決に向けた合意形成のため、中立的な立場で出席者の発言を引き出すとともに、発言内容の集約・整理を行う。)
・県担当課職員(各協議テーマの関係所属職員)

参加者の定員 定員は概ね20名とする。

  

協働プラットフォームの開催予定

  現在、下のおとり協働プラットフォームの開催を予定しております。それぞれの協働プラットフォームにおいて、テーマに興味のある県民、NPO、企業等の方々の参加を募集しています。

募集定員

10名程度(定員を大幅に超えた場合、抽選によりあらかじめ参加者を決定します。)

参加資格

参加資格は特に設けておりません。
参加を希望される方は、参加希望書に必要事項を記入の上、郵送、Fax、メール等により、参加申込期限までに、滋賀県 県民活動生活課 県民活動・協働推進室あてお申し込みください。
なお、定員を大幅に超えた場合は、参加いただけない方にはその旨を開催日の2~3日前までに県からご連絡いたします。 

 

開催日時

開催場所

テーマの提案者

テーマ名

提案理由

参加希望書

参加申込期限

 第7回

平成28年10月25日(火曜日)
9時30分~12時00分

 大津合同庁舎
5-E会議室

 (株)いろあわせ

 滋賀で働く人を増やす

(下の「協働プラットフォームの開催状況」の第6回協働プラットフォームの提案者説明資料、議事要旨も参考としてください。)

近年、働き方の多様化が求められている。それには自分や家族にとっての良い仕事環境を考え、探せる場が必要不可欠であり、我々はそれらを積極的に発信していきたいと考えている。上記を実現するためには滋賀に魅力的な働き方を作る必要がある。そこで、以下の2つのアプローチでどのような解決方法があるのかを探っていきたい。

1.仕事を創る人を増やす(事業承継促進)
 実家が滋賀で事業を行っている人の息子娘が対象。中小零細企業が多く、後継者が慢性的に不足している。根本的な課題は、子どもも親の仕事をどうしていくかを真剣に考えてきていないことではないかと考える。そこで、親子間や起業家志望者をプレーヤーとして、どのような促進方法があるのかを考えたい。

2.滋賀で働く人を増やす(新卒/既卒)
 県外から、良い仕事があれば引越してもいいと思っている人、滋賀県内の大学生、滋賀在住で転職したい人などが対象。一般的に地方には仕事がないと言うが、滋賀にも魅力ある企業は多く存在し、従来の働き方に捉われずに考えると、多様な選択肢が存在する。どうやって魅力ある企業を発信していくかを考えたい。

 参加希望書(ワード:18KB)

 平成28年10月20日(木曜日)

  協働プラットフォームの開催状況

 

開催日時

開催場所

テーマ

会議資料

議事要旨

第1回

平成28年5月31日
9時30分~12時00分

大津合同庁舎
5-E会議室

高齢者の交通事故防止対策

第1回提案者説明資料(PDF:1,681KB)

第1回議事要旨(PDF:391KB)

第2回

平成28年6月21日
9時30分~12時00分

大津合同庁舎
5-E会議室

犯罪被害者の多種多様なニーズに対するきめ細かな支援

第2回提案者説明資料(PDF:3,268KB)

第2回議事要旨(PDF:415KB)

第3回

平成28年6月23日
14時30分~17時00分

大津合同庁舎
5-E会議室

女性や若者の感性を活かした、県産農水産物を用いた新ビジネス創出による地域活性化

第3回提案者説明資料(PDF:694KB)

第3回議事要旨(PDF:389KB)

第4回

平成28年6月28日
9時30分~12時00分

大津合同庁舎
5-E会議室

多文化共生・国際交流とまちづくり

第4回提案者説明資料(PDF:492KB)

第4回議事要旨(PDF:379KB)

第5回

平成28年7月6日
14時30分~17時00分

大津合同庁舎
5-E会議室

子どもを虐待から守る「次世代育成プロジェクト」
~次世代を担う高校生等へのアプローチ~

第5回提案者説明資料(PDF:962KB)

第5回議事要旨(PDF:412KB)

第6回

平成28年7月26日
9時30分~12時00分

大津合同庁舎
5-E会議室

滋賀で働く人を増やす

第6回提案者説明資料(PDF:4,044KB)

第6回議事要旨(PDF:476KB)

お知らせ

県内の認証数
602法人
平成28年8月末現在

 

 

 

「滋賀県協働推進ガイドライン」

滋賀県協働推進ガイドライン」(平成28年3月)を策定しました!

    滋賀県基本構想(平成27年3月策定)では、「夢や希望に満ちた豊かさ実感・滋賀~みんなでつくろう!新しい豊かさ~」を基本理念に掲げ、県民の皆さんとともに「新しい豊かさ」を追求することとしています。

   また、基本構想の実現を下支えする滋賀県行政経営方針(平成27年3月策定)においては「開かれた県政の推進と多様な主体との協働・連携」を経営方針に掲げ、「対話と共感、協働による行政経営」を行うことで「県民が主役の県政」の実現を目指しています。

これらを踏まえ、滋賀県では、このたび、多様な主体との協働についての県の基本的な考え方や施策の方向性を示すことを目的に、「滋賀県協働推進ガイドライン~県民の参加と協働で築く「新しい豊かさ」の実現~」を策定しましたのでお知らせします。                                                                                         

   今後も、多様な主体との対話と共感、協働のもと、本ガイドラインに基づく各取組を着実に実行することにより、新しい豊かさを実感できる魅力的な地域づくりに努めてまいります。

      滋賀県協働推進ガイドライン【本文】(PDF:1,368KB)【概要版】(PDF:653KB) 

これまでの経過等

    「対話と共感、協働で築く県民主役の県政の実現」に向け、多様な主体との協働について県の基本的な考え方や施策の方向性を示すことを目的に、本年度、滋賀県協働推進ガイドラインの策定について検討を進めてきました。

       (1)県民協働の推進に関する研究会共助社会づくりフォーラムin滋賀(外部サイトへリンク)

               平成27年 7月~10月       「県民協働の推進に関する研究会」における議論(全5回)
                              10月15日         「県民協働の推進に関する研究会報告書」を知事に提出
                              11月22日         共助社会づくりフォーラムin滋賀における意見交換                                                                                                     

               平成28年3月28日            「県民協働の推進に関する研究会」

       (2)市町、関係者・団体等の意見交換、意見照会
              平成27年8月、11月、12月    市町への説明、意見交換、意見照会
                            12月~翌年1月     関係者・団体(各種団体(30団体)、有識者等(26名))との意見交換、意見照会

       (3)県民政策コメントの実施結果(PDF:496KB)   

           平成27年12月16日から平成28年1月15日までの間、滋賀県県民政策コメント制度に関する要綱(平成12年滋賀県告示第236号)に基づき、「(仮称)滋

          賀県協働推進ガイドライン原案」に対する意見・情報の募集を行った結果、4名・7団体から、31件の意見・情報が寄せられた。

助成金等情報  

   

協働を進める取り組み

ボランティアNPOガイドブック(ボランティアってなに?)
協働ガイドブック(なぜ今「協働」なの?)
よくある質問

申請縦覧中のNPO法人

設立認証申請団体

詳しい内容は名称をクリックして下さい。

名称 代表者 所在地 申請年月日 縦覧終了日
           

 

合併認証申請団体

詳しい内容は名称をクリックして下さい。

名称 代表者 所在地 申請年月日 縦覧終了日
           

 

定款変更認証申請団体

詳しい内容は名称をクリックして下さい。

名称 代表者 所在地 申請年月日 縦覧終了日
特定非営利活動法人まちづくり役場 山崎弘子 長浜市 2016年8月10日 2016年10月10日  
特定非営利活動法人ひびきあい日野 福本修一 蒲生郡日野町 2016年8月23日 2016年10月23日  
特定非営利活動法人くらかけ 寺﨑政子 彦根市 2016年9月6日 2016年11月6日  

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

滋賀県県民生活部県民活動生活課県民活動・協働推進室

電話番号:077-528-3419

ファックス番号:077-528-4838

メールアドレス:npo@pref.shiga.lg.jp