文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > くらし・文化 > 人権 > 人権啓発 > 啓発活動のご紹介 > じんけんフェスタしが2013

ここから本文です。

更新日:2016年3月16日

じんけんフェスタしが2013

フェスタロゴ

  平成25年(2013年)9月21日に開催しました「じんけんフェスタしが2013」の内容について紹介します。

  県では、すべての人の人権が尊重される豊かな社会の実現をめざして、さまざまな啓発活動を実施しています。
  県では毎年9月を同和問題啓発強調月間と定めていますが、これに合わせて、総合的な啓発イベント「じんけんフェスタしが」を開催しています。 
  今年は「子どもと人権」をテーマに、”大切な君に  大切な自分に  ピース!”のスローガンのもと、のべ約3,100人の方にご来場いただき、さまざまな催しを通じて、人権の大切さを感じていただきました。

ジンケンダー

 

滋賀県人権啓発キャラクタージンケンダー
「ぼくも参加したのだー!」

フェスタチラシデータ(PDF:1,158KB) 

◆日時

 平成25年(2013年)9月21日(土曜日) 10時00分~16時30分 

◆場所

 栗東芸術文化会館さきら(栗東市綣二丁目1番28号)   

◆主催

 滋賀県、滋賀県人権啓発活動ネットワーク協議会(構成員:大津地方法務局、滋賀県、大津市、滋賀県人権擁護委員連合会および社会福祉法人滋賀県社会福祉協議会) 

◆共催

 栗東市、栗東市教育委員会、 栗東市人権啓発運動推進協議会、栗東市同和教育推進協議会、栗東市人権擁護委員会、栗東市人権擁護推進協議会(順不同) 

◆開催内容

オープニング(10時00分~10時30分 大ホール)

オープニングステージ 栗東市を拠点に活動しているキッズダンスチーム Dance FH による元気なステージで幕を開けました。

 

 

開会式典
主催者あいさつ:滋賀県副知事、共催者あいさつ:栗東市副市長、開会宣言:大津地方法務局長

法務省の人権イメージキャラクター「人KENまもる君」と「人KENあゆみちゃん」、地元栗東市のキャラクターで人気者の「くりちゃん」、そして滋賀県人権啓発キャラクター「ジンケンダー」が勢揃いしました。 開会式典

 


[栗東市主催事業]「劇団カッパ座」公演(10時30分~12時00分 大ホール)

 

カッパ座

  子どもたちに夢と希望を伝える等身大ぬいぐるみ劇団「劇団カッパ座」による、おもしろくて迫力のある公演が行われました。

第1部「森のなかまと歌おう」
第2部「お姉さんと遊ぼう「体操&お唄&風船遊び」」
第3部「はだかの王様」 

 

ぼくの私の大好きなこと大発表会(12時30分~14時00分 大ホール)

   小学生から高校生までの皆さんが、自分の好きなことに一生懸命取り組んでいる姿を、ステージで披露してくれました。

フラダンス

マカナニ フラ スタジオ(フラダンス)

空手道剛柔流正剛館湖東道場(空手)

空手

ダンス

 Dance FH(ダンス)

木下こうき(ジャグリング)

ジャグリング


人権ラブソングフェスティバル PRとミニステージ(14時30分~14時45分 大ホール)

 毎年12月に開催されている「人権尊重と部落解放をめざす県民のつどい」のプログラムの一つである「人権ラブソングフェスティバル」のミニステージが、これまでに出場されたことのある茉美(まみ)さんによって「じんけんフェスタしが2013」の中で行われました。

人権ラブソングフェスティバル

  

乙武洋匡さん講演 「子どもたちのためにできること」(15時00分~16時00分 大ホール・中ホール中継)

  作家の乙武洋匡さんに、「子どもたちのためにできること」と題して講演いただきました。
  多くの方にご参加いただきましたが、参加者からは、「大変よかった」「乙武さんのように、子どもにもっと愛を注ぎたい」という感想がたくさん寄せられました。 

子どもたちから乙武さんへの質問コーナー、エンディング(16時00分~16時30分 大ホール)

  子どもたちが乙武さんに、普段の生活の中で感じていることなどを質問をしました。乙武さんは、子どもたちの質問にひとつひとつ丁寧に回答してくださいました。
 最後に、出演者が乙武さんを囲んで、会場の皆さんと一緒に「ともだち」を歌って終了しました。 

子どもによる滋賀県いじめ対策チーム会議(12時45分~14時45分 中ホール)

   「自分たちでできること~自分のために・仲間のために~」をテーマに、いじめについて、小学生から高校生までの子どもたちが熱心に話し合いました。   

野外スペース

 

野外ステージ 野外ステージでは、AKIRA&プチシュワの歌とダンスのステージ、木下こうきさんのジャグリングショー、滋賀発アイドルユニット「マリーナブルー」のステージ、人権ラブソングフェスティバル出演者による歌のステージが行われました。

  

他にも、淡海里の家事業協同組合様にご協力・ご指導いただき、地元の杉でできた部材を使った家を建てる体験コーナーを設置しました。また、おいしいスイーツなどの出店がありました。 家を建てよう体験

 

人権関連団体ブース

  1階アトリウムでは、人権関連団体のブース出展があり、多くの人に展示をご覧いただきました。
  今回初めて、人権に関心のある県内大学生で構成された「滋賀県人権啓発学生サポーター」が、参加体験型ブースを2種類出展しました。人権課題の種別ごとに意味づけられた10色の糸から、来場者が大切にしたいと思う色糸を選んでミサンガを作ってもらうコーナーと、「みんなちがってみんないい」をテーマに、来場者の似顔絵と人権メッセージが表裏に描かれたうちわがプレゼントされるコーナーが設けられ、賑わいを見せていました。 

学生サポーター会議 ブース出展

 

  他にも、来場者の皆さんに楽しみながら学んでいただける催しをたくさん行いました。

  • ジンケンダーと遊ぼう、紙芝居
  • 体験コーナー(水彩画体験、はたおり体験)
  • 滋賀の木でできた積み木で遊ぼう
  • 困りごと・悩みごと相談コーナー
  • 人権啓発パネル展、人権メッセージパネル展
  • まちがいさがし

 

過去の「じんけんフェスタしが」の様子

   ↓

じんけんフェスタしが2012

じんけんフェスタしが2011 

じんけんフェスタしが2010

じんけんフェスタしが2009

 

啓発事業のご紹介のページにもどる

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

滋賀県県民生活部人権施策推進課 

電話番号:077-528-3533

ファックス番号:077-528-4852

メールアドレス:cf00@pref.shiga.lg.jp