文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > くらし・文化 > 情報通信 > 情報化推進 > 公的個人認証サービス(JPKI)

ここから本文です。

更新日:2016年6月15日

公的個人認証サービス(JPKI)

 公的個人認証サービスに関するお知らせ

  • これまで電子証明書が格納されていた住民基本台帳カードは、平成28年1月より、個人番号カード(マイナンバーカード)に切り替わりました。住民基本台帳カードにより既に発行されている電子証明書は、従来の3年間の有効期間内は引き続き利用することができます。
  • また、これまで都道府県が行っていた電子証明書の発行業務について、平成28年1月より、地方公共団体情報システム機構の業務となりました。

公的個人認証サービスとは

  公的個人認証サービスとは、オンラインで(=インターネットを通じて)申請や届出といった行政手続などやインターネットサイトにログインを行う際に、他人による「なりすまし」やデータの改ざんを防ぐために用いられる本人確認の手段です。「電子証明書」と呼ばれるデータを外部から読み取られるおそれのないICカード(マイナンバーカード)に記録することで利用が可能となります。電子証明書には、署名用電子証明書と利用者証明用電子証明書の2種類があり、それぞれの特徴は以下のとおりです。

署名用電子証明書

インターネット等で電子文書を作成・送信する際に利用します(例 e-Tax等の電子申請)。「作成・送信した電子文書が、利用者が作成した真性なものであり、利用者が送信したものであること」を証明することができます。

利用者証明用電子証明書

インターネットサイトやコンビニ等のキオスク端末等にログインする際に利用します(例 マイナポータルへのログイン、コンビニでの公的な証明書の交付)。「ログインした者が、利用者本人であること」を証明することができます。

関係法令等

関連サイト

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

滋賀県県民生活部情報政策課

電話番号:077-528-3380

ファックス番号:077-528-4839

メールアドレス:ce00@pref.shiga.lg.jp