文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > 県政情報 > 広報 > 県政eしんぶん(報道資料) > 2018年7月12日号 > パリで開催される展覧会に近代美術館の澤田真一氏作品が出品されます

ここから本文です。

県政eしんぶん報道資料

公開日:2018年7月12日

パリで開催される展覧会に近代美術館の澤田真一氏作品が出品されます

 今月からフランス・パリで展開される日本文化・芸術の祭典「ジャポニスム2018:響きあう魂」の一環として、伝統的な作品と現代の作品をあわせた展示を通して日本の美意識を見せる展覧会「深みへー日本の美意識を求めてー」展が開催されます。本展覧会に、当館が収蔵している滋賀県在住の造形作家で、日本のアール・ブリュットを代表する作家の一人でもある澤田真一氏の作品が出品されることになりました。縄文土器、円空仏、葛飾北斎や世界で活躍する現代作家と並び、「日本の美意識」を解き明かす作品として取り上げられます。

1.展覧会概要

(1)名称

p1
 

【写真1】 澤田真一 《無題》 制作年不詳、陶土、57.0×27.0×21.2cm(滋賀県立近代美術館所蔵)

「深みへ-日本の美意識を求めて-」展

(2)概要

ジャポニスム2018においてパリ市内で展開される複数の展覧会プロジェクトのコンセプトを総合し、あわせて2018年に世界に発信すべき「日本の美意識」を紹介することを目的として開催される展覧会。19世紀に建設されたロスチャイルド館を会場に、歴史と現代を横断し、その対話を通じて、創造的伝統と、未来に向けての革新的創造をみせる。8つの異なる意匠の空間で、日本の美意識の要素のテーマごとに作品が展示される。

(3)期間

平成30年(2018年)7月14日(土曜日)~ 8月18日(土曜日)

(4)会場

ロスチャイルド館(パリ市8区)

(5)主催

独立行政法人国際交流基金

(6)キュレーター

長谷川祐子(東京都現代美術館参事・東京藝術大学教授・滋賀県顧問)

(7)出品作品・作家等

(敬称略、順不同) 縄文土器、円空、白隠、仙厓、葛飾北斎、柴田是真、田中一村、李禹煥、宮田亮平、原口典之+田中泯、杉本博司、SANAA、須田悦弘、大巻伸嗣、ANREALAGE+名和晃平|SANDWICH、 真鍋大度、澤田真一、平岡良、森山未來+ジュスティーヌ・エマール、ポール・ゴーギャン、パブロ・ピカソ、アンヌ・ロール・サクリスト、「独客」田中一村映像プロジェクト、知里幸恵編訳-アイヌ神謡集-展示プロジェクト

 2.澤田真一氏作品出展概要

本展に出品される澤田真一氏作品8点は全て滋賀県立近代美術館が収蔵している作品

(うち、5作品は NPO法人はれたりくもったりからの寄託)

p1 p3 p4  

(左より)

【写真2】澤田真一 《無題》 制作年不詳、陶土、35.5×28.0×18.3cm (NPO法人はれたりくもったりからの寄託)

【写真3】澤田真一 《無題》 制作年不詳、陶土、17.0×35.0×42.1cm (NPO法人はれたりくもったりからの寄託)

【写真4】澤田真一 《黒陶お面》 制作年不詳、陶土、6.5×25.4×24.2cm (滋賀県立近代美術館所蔵)(社会福祉法人なかよし福祉会寄贈)

 

(追記)

現在、当館の学芸員がヨーロッパの美術館等におけるアール・ブリュット作品の収集や展示に関する調査のために渡航しており、本展展示作業とオープニングの模様のレポートを追って資料提供する予定です。

 

澤田真一氏プロフィール

昭和57年(1982年)生まれ。滋賀県在住。平成12年(2000年)頃より障害者福祉施設「栗東なかよし作業所」に通いながら、施設内で作陶を始めた。作品を覆うトゲのような形態が特徴。平成22年(2010年)にパリで開催された「アール・ブリュット・ジャポネ」展で注目を集め、平成25年(2013年)には第55回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展に出品されるなど、国内外の数多くの展覧会で紹介されており、日本のアール・ブリュットを代表する作家の一人である。

「ジャポニスム2018:響きあう魂」について

 日仏友好160年にあわせ、両国政府間合意に基づき、フランス・パリを中心に開催される大規模な日本文化・芸術の祭典。パリ市内外の100近くの会場で、展覧会や舞台公演に加えて、さまざまな文化芸術が約8ヶ月間にわたって紹介される。古くは日本文化の原点とも言うべき縄文から伊藤若冲、琳派、そして最新のメディア・アート、アニメ、マンガまでを紹介する「展示」や、歌舞伎から現代演劇や初音ミクまで、日本の文化の多様性に富んだ魅力を紹介する「舞台公演」、さらに「映画」、食や祭りなど日本人の日常生活に根ざした文化等をテーマとする「生活文化他」の4つのカテゴリーで、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を前に、日本各地の魅力が発信される。

会期:2018年7月~2019年2月

事務局:独立行政法人国際交流基金

ジャポニスム2018公式サイト:https://japonismes.org/(外部サイトへリンク)

 

 

 

お問い合わせ

滋賀県立近代美術館 

電話番号:077-543-2111

ファックス番号:077-543-4220

メールアドレス:ck30@pref.shiga.lg.jp