文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > まちづくり・防災 > 防災・危機管理 > 防災ポータル > 原子力災害対策 > 原子力規制委員会による敦賀発電所敷地内の破砕帯評価に関する知事コメント

ここから本文です。

更新日:2014年9月17日

原子力規制委員会による敦賀発電所敷地内の破砕帯評価に関する知事コメント

 本日、原子力規制委員会において敦賀発電所敷地内の破砕帯について活断層であるという有識者会合の報告が了承されました。

今回の決定は、有識者会合で議論を重ね、専門家による科学的判断がなされたものであり、国や原子力事業者にはこの結果を重く受け止め、より安全側に立って、迅速かつ厳格に必要な対応をとっていただきたいと思います。

併せて、電力事業者の経営問題や立地地域経済への影響など想定される社会的な課題に対応していくための(仮称)廃炉法のような法的仕組みを、国は早急に構築することが必要であると考えます。

 

平成25年5月22日

 

滋賀県知事 嘉田 由紀子

 

お問い合わせ

滋賀県総合政策部防災危機管理局原子力防災室

電話番号:077-528-3445

ファックス番号:077-528-6037

メールアドレス:as0006@pref.shiga.lg.jp