文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧
移住ポータルサイト「滋賀暮らし」ほどほど田舎でほどほど都会

ここから本文です。

更新日:2016年3月25日

  • しごと
  • 子育て
  • 住まい
  • 移住体験談
  • 市町紹介
  • 移住Q&A
  • 相談窓口
滋賀暮らしパンフレット 前編 PDF 後編 PDF

ここから移住交流ポータルサイト本文です。

移住Q&A

滋賀暮らしを検討されている方によくある疑問を、Q&A形式にまとめてお伝えします。

Q1.滋賀の魅力を教えてください。

日本で一番大きい琵琶湖をはじめとする豊かな自然に囲まれながら、日々の暮らしを送ることができます。また交通の便が良く、京阪神や中京圏へも気軽に行き来ができる「ほどほど田舎、ほどほど都会」の暮らしぶりが滋賀の魅力です。

Q2.車が無くても生活できますか?

市街地や駅の周辺などでは車が無くても便利に生活できますが、大型ショッピングセンターなどは郊外にあることが多く、車があるほうが便利です。

Q3.雪が降るイメージがありますが、どの程度降りますか?

県内でも北部と南部では大きく異なります。
南部では雪は降っても、積もることはめったにありません。北部の平野部では雪が積もることもありますが、主要な道路には融雪装置が設置されており、通行は可能です。北部の山間部では1mを超える積雪になることもあり、屋根の雪下ろしや、雪かきをしなければならないこともあります。また、車の運転には、冬用タイヤがあると安心です。

Q4.地域にとけ込むにはどうしたらいいですか?

郷に入ったら郷に従いましょう。地域はそれぞれに、風習やしきたり、伝統文化があり、それが田舎の魅力となっています。そうしたものを尊重し、地域の行事には積極的に参加すれば、地域との絆は深まっていきます。

Q5.ご近所づき合いはどうすればいいですか?また田舎ではプライバシーが無いと聞いたのですが

田舎の人は地域で助け合って暮らしてきたので、移住者だけではなく、常に周りの人々の状況を気にかけています。
また、都会からやってきた人々がどのように暮らしているのかは非常に興味があります。こうした状況をうまく活用して地域の人々に溶け込めば、楽しい田舎暮らしができます。

Q6.地域での共同作業などが多いと聞きますがどんなことがありますか?

自治会での共同作業として、道路・河川・集会所の草刈り・清掃作業などが営まれています。



 

お問い合わせ

滋賀県総務部市町振興課

電話番号:077-528-3231
ファックス番号:077-528-4820
メールアドレス:bh0001@pref.shiga.lg.jp