滋賀県ホームページ
文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • 気づく滋賀
  • 滋賀に気づいた先輩
  • イベント
  • 市町紹介
  • 移住ポータルサイト 滋賀ぐらし
  • しごと
  • 子育て
  • 住まい
  • 相談窓口

滋賀に気づいた人INTERVIEW#10  田中秀典さん

 main

「探し求めた自分のスタイルは、伊吹山を望むこの風景の中にありました」
大手スポーツ量販店の敏腕バイヤーとして、大阪、岡山、長野、岐阜と転々と過ごしてきた田中さん。結婚を機に、セレクトショップを開きたいと考え、滋賀に戻ることに。自分らしい暮らしを求めて土地探しを始めた田中さん家族の心を掴んだのは、伊吹山の雄大な風景と、米原の温かい住人たちでした。

 

想定外だった米原で、念願のセレクトショップをオープン

ーー田中さんのお店『!sn’t !t design.(イズントイットデザイン)』は、伊吹山もお店の一部になったような素晴らしいロケーションですね。int_018_01

秀典さん:そうでしょ。このロケーションありきのお店ですから(笑)。この景色に惹かれて、ここで店をしようと決めたんです!

 

ーー始めから伊吹山の麓でと決めていたのですか?int_018_02

秀典さん:いや、そういうわけでもなくて。スノーボードが好きだから、自分の店を持つなら絶対雪の降るところがいいとは思ってました。でも正直に言えば、そのときは米原市はあまり想定してなかったかも。米原をよく知らなかったこともあるし、なんとなく、長浜とか高島の方がメジャーかなと。

 

ーーそれがどうして米原市になったんですか?

秀典さん:まず移住を考えたときに、まずは各市の窓口に連絡してみようと思って一斉にメールしてみたんです。そしたら、すぐに返信をくれたのが米原市だったんですよね。その担当さんがすごく良い人で!移住と同時に起業も考えていること相談したら、店のことにも真剣に相談にのってくれて。

 

ーーそれで米原市に興味を?int_018_03

秀典さん:そうなんです。そのとき妻は妊娠中だったのですが、そのことにもすぐ気づいてくれて。

亜里紗さん:すごく気遣っていただきました。駅前のスーパーに行っても、お店の人が「大変やろ。頑張りや」って声をかけてくれたり、荷物を運んでくれたり。この辺では当たり前のことみたいですが、その優しさとか気遣いに感動しました。後日、市の担当者の奥様からも、知らない土地での出産や子育ては不安だろうからって、周辺の病院の特長を書いたお手紙までもらったんですよ。

秀典さん:米原市に初めて相談に来た日の帰り道には、米原に住もうって決めてました(笑)。それから、真剣に米原市内で物件を探すうちに、伊吹山の麓の土地にも巡り合え、住まいもお店も米原になりました。

 

干渉し過ぎず見守ってくれる、心地よい距離感

ーー移住後の生活はいかがですか?int_018_04

秀典さん:自宅は古い集落にある築50年ほどの中古住宅を購入しました。住み始めてまだ半年ちょっとですけど、近所の人の距離感がすごく心地いい。

うちの家の敷地にお地蔵さんがあるんですけど、たぶん僕らが引っ越す前はお隣の人がお花を備えたりしてくれていたんですよ。でも僕らが引っ越してからは、何も手をださず、お地蔵さんの話もあえてなかったんです。生活が落ち着いた頃に、自分たちで花を買ってお地蔵さんに供えてみたら、「毎回買うのも大変だろうし、うちの花を持ってきたげるわ」って。それからは玄関の前に供える用の花をバケツに入れて置いといてくれるんです。

自分たちの意見を押し付けるわけでもなく、優しく見守ってくれる、絶妙な距離感なんですよね。

自然の中でゆったりと子育て中

ーー奥様は知らない土地での生活や子育て、大変じゃないですか?int_018_05

亜里紗さん:私は岐阜市内で育ったので、ここまで自然に囲まれた生活は初めての経験なんです。正直、虫の多さには戸惑いましたが、最近は対処法もマスターしました(笑)。でも、自然があるのは子育てにはすごく良い環境だなと思います。まだ、湖北周辺しか出かけられていないので、娘がもう少し大きくなったら、湖南の方に遊びに行きたいなと。 

市の担当者の奥様ともその後も仲良くさせてもらっていて、良き先輩ママです。米原弁って言うのでしょうか、みなさんの優しいイントネーションの話し方も好きですね。

 

 

int_018_06

秀典さん:娘の名前が「奏向(かなた)」で、苗字とあわせると上から読んでも下から読んでも「たなかかなた」なんです。そのことを、近所のおっちゃん達がすごく自慢気に、色々な人に紹介してくれるんですよ(笑)。「一回聞いたら忘れへん名前やな」ってみんなで可愛がってくれてます。

 

何もないからこそ、なんでもできる!米原が秘める可能性

ーー移住者同士の交流などはありますか?int_018_07

秀典さん:積極的に色々な人に会おうと思って動いています。米原の移住者が中心となって毎年開催している『伊吹の天窓』という里おこしイベントがあるんですが、その実行委員会にも参加させてもらいました。メンバーには切り絵作家さんやWEBデザイナーさんとか、どちらかと言えばアーティスト的な方が多いので、僕はこれまでのビジネス経験を生かして別の切り口でお手伝いできればと思っています。

 

 

 

ーー米原市ってどんなまち?int_018_08

秀典さん:地元の若い人には何もないところって印象が強いみたいで、高校卒業後に米原を出る子が8割以上なんて聞くんですが、あえて、何にもないからなんでもチャレンジできるんじゃないかと言いたい。実際に、移住してきた人たちで魅力的な活動をしている人もいっぱいいるし。

県内で唯一、新幹線が停まるってのも大きい。東京や大阪を相手に仕事ができる。何もないから新しいことに挑戦できる、可能性が広がっている町だと思います。

 

 

 

ある一日のスケジュール

6時30分 起床  愛犬・小松太(こまった)と近所を散歩
7時30分 家族揃って朝ごはん
9時00分 出勤  ショップの開店準備
11時00分

OPEN  近所のおばあちゃんが靴下を買いに来てくれたり
           自分の店を持ちたいと思っている学生が相談に来たり
           買物だけでなく、おしゃべりをしに来てくれるお客さんが多い

19時00分 CLOSE  愛する家族のため、できるだけ残業はしない!
19時30分 小松太の散歩  1日2回の散歩が日課
20時00分 かなたちゃんとお風呂
21時00分 夕食  晩酌をしながら、その日にあったことを報告しあう
23時00分 就寝

 

滋賀ぐらし