文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > 県政情報 > 広報 > 県政eしんぶん(報道資料) > 2018年6月27日号 > 長寿県滋賀を支える「食」とケロッグの「オールブラン」がコラボした“腸寿”食「近江腸食」を期間限定で提供開始

ここから本文です。

県政eしんぶん報道資料

公開日:2018年6月27日

長寿県滋賀を支える「食」とケロッグの「オールブラン」がコラボした“腸寿”食「近江腸食」を期間限定で提供開始

滋賀県アンテナショップ「ここ滋賀」内のレストラン「日本橋 滋乃味」で7月7日よりスタート

昨年12月の厚生労働省における都道府県別の平均寿命の発表において、男性の平均寿命が全国1位となった滋賀県は、更なる健康長寿に向けて、シリアルブランド「日本ケロッグ」と組んだ健康プロジェクトを行ってまいります。

その活動のひとつとして、「滋賀県」の長寿を支える「食」とケロッグの「オールブラン」とのコラボメニューとなる“腸寿”食「近江腸食(おうみちょうしょく)」を7月7日(土曜日)より、東京・日本橋の滋賀県アンテナショップ「ここ滋賀」内にあるレストラン日本橋 滋乃味(じのみ)にて期間限定メニューとして提供を開始いたします11時30分~14時まで(限定5食)

本プロジェクトは2018年度よりスタートした「健康しが」コ・クリエーション事業として行われる健康プロジェクトです。

滋賀県の長寿を支えるといわれる伝統食の多くは、豊かな湖水文化を背景に発達した鮒寿司などの「発酵食」が多く含まれます。一方で、ケロッグ社より提供されるミシガン州の代表食材であるシリアルは、日本のみならず、世界中の国々で栄養バランスの優れた定番食材として親しまれています。今回、新メニューとして展開する「近江腸食」は、発酵食を中心とした滋賀県の伝統食材をベースに「腸」の奥まで届く自然由来の食物繊維を豊富に含むシリアル「ケロッグオールブラン」を掛け合わせ多様性を深めることで、長寿県滋賀を支える「食」の力をさらに引き出しました。「素敵でおいしく」・「健康的」に楽しめるよう進化した長寿県滋賀の「食」に相応しいメニューになっています。1食(デザートセットの場合)で約18 gの食物繊維が含まれていて、1日に必要な食物繊維の摂取目標量*をこの1食だけでほとんど摂取することができます。

*2015年版「日本人の食事摂取基準」(厚生労働省) 食物繊維目標量  [18歳~69歳] 男性:20g/日以上 女性:18g/日以上 [70歳以上] 男性:19g/日以上 女性:17g/日以上

なお、「近江腸食」は、2018年秋を目処に滋賀県内各所のレストランでも提供を開始する予定です。滋賀県の「食と健康」にびわ湖一周サイクリング「びわイチ」などの長期滞在型観光の要素を掛け合わせることで、「健康しが」が提唱する「ヘルスツーリズム」を体現する新たな観光資源としての発展を目指します。

詳細資料(PDF:1,102KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

滋賀県商工観光労働部観光交流局国際室

電話番号:077-528-3061

ファックス番号:077-521-5030

メールアドレス:ff0001@pref.shiga.lg.jp