文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ここから本文です。

更新日:2015年7月17日

年表でたどる滋賀県公文書の紹介

 

  • 年表をたどりながら県政史料室所蔵の歴史的文書を紹介し、滋賀県の近代について解説しています。
  • 下の年表の「文書番号」から、該当史料の紹介を見ることができます。
  • 現在の「滋賀県」になるまでにたどった道のりも、わかりやすく図で紹介しています。

「滋賀県の統合過程」をみる

  • 紹介する史料は、今後も増やしていく予定ですので、お楽しみに。

  

<凡例と注意事項>

  1. 緑色の項目は、滋賀の出来事です。
  2. 太字の項目は、日本全体の出来事です。
  3. ピンクの欄の「文書番号」は、県政史料室所蔵『滋賀県歴史的文書』の文書番号です。
  4. 史料の閲覧を希望される場合には、閲覧申請が必要です。以下の「利用方法」をご覧ください。

     

    「利用方法」をみる

  5. 当ホームページで公開している資料を、無断で転載することを禁じます。
  6. 翻刻文は、あくまでも参考程度にご利用ください。

 

年 代

西暦

出来事

文書番号

関連展示など

慶応4年1月 1868 戊辰戦争開始(~明治2年5月)    

慶応4年3月

1868

大津裁判所を旧大津代官役邸に開設

 

 滋賀県の統合過程

慶応4年3月

1868

神仏分離令公布

明あ1(3)(PDF:316KB)

社寺の歩んだ近代(PDF:1,666KB)
慶応4年閏4月

1868

大津県が設置される(県庁ははじめ大津町内の各所を転々とし、明治2年1月に滋賀郡別所村の園城寺内円満院に移転)

明う156(53)(PDF:431KB)

県庁舎の歴史(明治編) (PDF:368KB)

滋賀県の統合過程

明治元年9月 1868 明治と改元  明あ2(120)(PDF:303KB)  
明治2年3月

1869

琵琶湖に蒸気船「一番丸」が就航(海津・大津間、加賀大聖寺藩による)

明い230(92)(PDF:247KB)

汽船と湖上交通(PDF:175KB)

明治2年6月 1869 版籍奉還    
明治3年4月

1870

膳所藩主の膳所城廃城願が許可される

明う149(25)(PDF:232KB)

 滋賀県の統合過程

明治4年6月

1871

大溝藩、管轄地を大津県に合併し解藩する

明う148(20)(PDF:314KB)

 滋賀県の統合過程

明治4年7月

1871

廃藩置県(近江国内には彦根・朝日山・宮川・山上・膳所・水口・西大路の各県が設置される)

 

滋賀県の統合過程

明治4年11月

1871

近江国を二分し、大津県・長浜県が設置される

 

滋賀県の統合過程 

明治5年1月

1872

1月、大津県を滋賀県と改称。2月、長浜県を犬上県と改称

明う152(13)(PDF:217KB)

滋賀県のはじまり (PDF:223KB)

明治5年の滋賀県(PDF:950KB)

滋賀県の統合過程

明治5年1月

1872

県令松田道之が地方議会の先駆けである「議事所」を大津顕証寺に設置する

明い36(23)(PDF:308KB)

明治5年の滋賀県(PDF:950KB)

明治5年8月

1872

学制公布

明し161合本1(2)(PDF:389KB)

明治5年の滋賀県(PDF:950KB)

明治5年9月

1872

新橋・横浜間に鉄道開通。明治7年5月に神戸・大阪間が開通

明あ10(41)(PDF:356KB)

湖西を拓く(PDF:510KB)          

 明治5年の滋賀県(PDF:950KB)

明治5年9月

1872

犬上県が廃され、近江国全体が滋賀県となる

明う151(27)(PDF:358KB)

明治5年の滋賀県(PDF:950KB)

滋賀県の統合過程

明治5年12月

1872

太陽暦採用(明治5年12月3日を明治6年1月1日とする)

明い36(20)(PDF:249KB)

外国との出会い(PDF:206KB)

近代との対話(最終章)(PDF:4,521KB)

明治6年1月 1873 徴兵令発布  明あ10(172)(PDF:772KB)  

明治6年5月

1873

明治政府、ウィーン万国博覧会に出品(明治政府初めての出品)

明い30(26)(PDF:460KB)

明治の博覧会(PDF:201KB)

明治6年7月 1873 比叡山内の近江・山城国境確定    
明治6年7月 1873 地方違式詿違条例公布 明あ40(33)(PDF:708KB)  
明治6年7月 1873 地租改正条例布告  明い42(42)(PDF:787KB)  
明治9年5月 1876 彦根城博覧会が開かれる    

明治9年8月

1876

若越4郡(若狭国大飯郡・遠敷郡・三方郡、越前国敦賀郡)が滋賀県に編入される

明い81(3)(PDF:393KB)

滋賀県のはじまり (PDF:223KB)

近代との対話(前期)(PDF:1,675KB) 

滋賀県の統合過程

明治10年2月 1877 西南戦争開始(~9月)    

明治11年6月

1878

県営彦根製糸場完成

明さ100合本1(1)(PDF:514KB)

滋賀県養蚕事情(PDF:431KB)

明治11年9月

1878

坂田郡枝折村に県営養魚試験場(のちの醒井養鱒場)設置

明う29合本1(4)(PDF:342KB)

琵琶湖の魚(PDF:1,866KB)

明治11年10月 1878 彦根城の保存が決定する    

明治12年4月

1879

県会議員選挙を経て、初の県会が大津南町顕証寺で開会される

明い97(74)(PDF:838KB)

選挙の歴史(PDF:762KB)

明治12年7月

1879

各郡役所開庁

明い105(32)(PDF:380KB)

滋賀県の郡役所(PDF:1,745KB)

明治13年5月 1880 浅井郡を東西に分割、東浅井郡・西浅井郡となる    

明治13年7月

1880

前月に逢坂山トンネルが竣功し、大津・京都間に鉄道が開通

明と4(2)(PDF:253KB)

湖西を拓く(PDF:510KB)

明治14年2月

1881

若越4郡が滋賀から分離し、福井県に編入される

 明お76合本5(31)(PDF:347KB)

滋賀県のはじまり(PDF:223KB)

近代との対話(前期)(PDF:1,675KB)

滋賀県の統合過程

明治15年5月

1882

太湖汽船会社が設立され、大津・長浜間の鉄道連絡船の運航を開始(~明治22年)

明か6(PDF:327KB)

汽船と湖上交通(PDF:175KB)

明治17年4月 1884 大沙川隧道完成    
明治18年1月 1885 ハワイ官約移民はじまる    

明治21年6月

1888

滋賀郡別所村の園城寺内円満院から、現在地(当時の滋賀郡東浦村)に県庁が移転

昭の1(18)(PDF:405KB)

県庁舎の歴史(明治編)(PDF:368KB)

明治22年2月 1889 大日本帝国憲法発布  明か30合本1(1)(PDF:292KB)  
明治22年4月 1889 戸長役場を廃し、市制・町村制に基づく町村役場が開庁    
明治22年6月 1889 高島郡饗場野が陸軍演習地として正式に買収される

 明ひ3(16-3)(PDF:425KB)

 
明治22年7月 1889 鉄道湖東線(大津・米原間)が完成し東海道線が開通    

明治23年4月

1890

琵琶湖疏水(第一疏水)完成

明ね33(25)(PDF:274KB)

琵琶湖と疏水1(PDF:292KB)

琵琶湖と疏水2(PDF:106KB)

明治23年11月

1890

第一回帝国議会(7月1日、衆議院議員選挙)

明い202合本2(31)(PDF:721KB)

選挙の歴史(PDF:762KB)

明治24年5月

1891

大津事件

明か24合本3(1)(PDF:635KB)

大津事件1(PDF:211KB)

大津事件2(PDF:364KB)

明治24年10月

1891

県庁移転問題起こる(県会に県庁彦根移転案が提出される)

 

 

明治27年7月 1894 日清戦争開始(~明治28年4月)    

明治29年9月

1896

琵琶湖大水害発生

明は10(29)(PDF:535KB)

滋賀県の災害1(PDF:142KB)

明治30年4月

1897

西浅井郡を廃してその区域を伊香郡に編入する(西浅井郡の消滅)

 

明治30年6月 1897 古社寺保存法公布    
明治31年4月 1898 滋賀県下で郡制が実施される(~大正12年4月)    
明治35年5月 1902 林業奨励規則が定められる    

明治37年2月

1904

日露戦争開始(~明治38年9月)

明し77(111)(PDF:660KB)

日露戦争と滋賀県民(PDF:197KB)

明治38年2月

1905

ヴォーリズが滋賀県商業学校教師として来日

明お53(46)(PDF:488KB)

 

明治38年3月 1905 南郷洗堰完成(国庫支弁)    

明治42年8月

1909

姉川地震

明そ6合本2(3)(PDF:465KB)

滋賀県の災害2 (PDF:60KB)

記録でたどる滋賀と震災(PDF:2,008KB)

明治43年8月 1910 韓国併合    
大正3年8月 1914 第一次世界大戦に参戦  明あ261(316)(PDF:968KB)  
大正6年11月 1917 陸軍特別大演習実施(湖東・湖北中心)    
大正7年8月 1918 米騒動発生    
大正9年10月 1920 第一回国勢調査    

大正11年1月

1922

神崎郡八日市町に陸軍航空第三大隊が置かれる(大正14年に飛行第三連隊と改称)

 

 

大正12年9月

1923

関東大震災

大そ24(21)(PDF:392KB)

助け合う日本(PDF:315KB)

記録でたどる滋賀と震災(PDF:2,008KB)

大正15年7月

1926

郡役所廃止

昭く1(34)(PDF:317KB)

滋賀県の郡役所(PDF:1,745KB)

昭和3年2月 1928 第一回普通選挙施行

 昭あ58合本1(53)(PDF:273KB)

 

昭和6年1月

1931

江若鉄道の浜大津・今津間が開通

大と8(1)(PDF:282KB)

湖西を拓く(PDF:510KB)

昭和6年9月 1931 満州事変勃発    
昭和9年9月 1934 室戸台風襲来で大被害発生    
昭和12年5月 1937 ヘレン・ケラー一行が来県、彦根盲学校などで講演    

昭和12年7月

1937

日中戦争開始

昭ひ2(1)(PDF:322KB)

昭和戦時下の滋賀県民(PDF:1,372KB)

昭和14年4月 1939 県庁舎新築(現在の県庁本館)  昭の6(PDF:761KB)  
昭和15年11月 1940 近江神宮鎮座祭執行    

昭和16年12月

1941

太平洋戦争開始

昭こ364(46)(PDF:475KB)

昭和戦時下の滋賀県民(PDF:1,372KB)

昭和19年1月

1944

県営琵琶湖干拓地決定(松原・野田・曽根沼などの内湖)

 

 

昭和20年7月

1945

6月頃から空襲被害が増え、大津市・彦根市などで建物疎開が実施される

昭く88(5)、昭あ152(314)(PDF:464KB)

昭和戦時下の滋賀県民(PDF:1,372KB)

昭和20年8月 1945 太平洋戦争終戦  昭あ172合本5(1)(PDF:657KB)  

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

滋賀県県民生活部県民活動生活課県民情報室

電話番号:077-528-3126(県政史料室)

ファックス番号:077-528-4813

メールアドレス:kenmin-j@pref.shiga.lg.jp