文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > 県政情報 > 広報 > 県政eしんぶん(報道資料) > 2017年10月2日号 > 第43回「こんにちは!三日月です」を開催します

ここから本文です。

県政eしんぶん報道資料

公開日:2017年10月2日

第43回「こんにちは!三日月です」を開催します

早崎ビオトープネットワーキングの皆さんと三日月知事が、早崎ビオトープのこれからについて語り合います

   先進的な取組や特色のある活動を行う自治会、NPO、事業所、学校、団体等の皆さんを知事が訪問し対話をする「こんにちは!三日月です」の43回目を、次のとおり開催しますのでお知らせします。

1. 対話相手

   早崎ビオトープネットワーキングの皆さん

2.日時

   平成29年10月8日(日曜日)   15時30分~17時00分

3.会場

1.  15時30分~  見学   早崎ビオトープ (長浜市早崎町周辺)
2.  16時00分~  対話   早崎公民館 (滋賀県長浜市早崎町1186)

4.日程

15時30分~15時50分    見学
   例年「夏の観察会」や「コハクチョウの観察会」が開催される早崎ビオトープの現場を知事が見学します。

16時00分~17時00分    意見交換
  【対話テーマ:「早崎ビオトープの将来について」】
   早崎ビオトープにおいて環境保全の調査・研究、普及活動等を行っておられる皆さんとビオトープの現状や課題、今後の取組について語り合います。
  

【早崎ビオトープネットワーキングの皆さんについて 】

   県で平成13年から試験的に湛水し、内湖の可能性を探っている日本最大のビオトープ実験地「早崎ビオトープ」。
   早崎ビオトープネットワーキングはこの「早崎ビオトープ」をフィールドに早崎内湖再生に向けた基礎データとして昔の内湖に関わって来られた方々への聞き取り調査を行い、地域住民と一緒に将来の内湖の在り方について考えるとともに、水棲生物の観察会や冬のコハクチョウ観察会等の活動を通して自然再生地としての「早崎ビオトープ」の魅力発信を行っておられます。
   今回は、早崎ビオトープネットワーキングメンバーの皆さんと三日月知事がビオトープの今後について語り合います。

お問い合わせ

滋賀県総合政策部広報課 

電話番号:077-528-3046

ファックス番号:077-528-4804

メールアドレス:ab0001@pref.shiga.lg.jp